買ってはいけない土地とは?土地選ぶで後悔しないためのポイントを紹介

「買ってはいけない土地ってどれなのだろうか」
このようにお悩みの方は必見です。
土地選びで悩んでいる人のために、この記事では、土地選びで後悔しないためのポイントについて詳しく解説します。

□買ってはいけない土地の特徴について

特徴をランキングで3位から1位までを順番に詳しく説明します。

まず、第3位は「境界が不明確な土地」です。
境界杭がないと、正確な位置がわかりません。
これにより面積が不明確な土地があります。
不明確なことにより、近隣住民と揉めたり、場合によっては住宅ローンが組めないなど不明確なだけで大きな問題を引き起こします。
境界杭があるかないかだけでトラブルに巻き込まれる可能性が変わるので、事前に確認が必要です。

続いて、第2位は「災害や地盤が弱い土地」です。
地盤が弱い土地は、事前にハザードマップにて確認できます。
どんな災害に強いのか、弱いのか万が一のためにも確認が必要です。
土地という観点からは、災害だけに関わらず周りの環境が大事です。
その土地のお祭り、ゴミステーションの位置などトラブルの種になるものはたくさんあります。
トラブルに引っかからないためにも事前の確認が大切です。

最後に、第1位は「後から想定外の費用や時間がかかる土地」です。
場所によっては、法的に決められていることや制限がある場所があります。
工事を進める上でその土地は問題ないか確認が必要です。

□土地購入の際のポイントについて

土地購入の際のポイントについて大きく2つ説明します。

1つ目は、目的を明確にすることです。
どのような目的で土地を活用していくのかで大きく変わってきます。
自ら住むために買うのか、投資の目的で買うのか、その土地を利用して何をしたいのか明確にする必要があります。
目的を明確にすることで、どんな土地を購入した方が良いのかが絞られます。

2つ目は、専門知識のある人と一緒に探すことです。
専門的な人と一緒に探すことであなたにあった土地選びができます。
専門的な人に土地購入の目的とどんな土地が良いのかをしっかり伝えるようにしましょう。
また、円滑に作業を進めていくために自分自身でも基本的なある程度の不動産の知識を持っておくと良いでしょう。

□まとめ

土地選びで後悔しないためのポイントついて詳しく解説しました。
買ってはいけない土地の特徴と土地購入の際のポイントに関してご理解いただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
注文住宅を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!