家事の負担が大きくありませんか?家事が楽になる間取りを紹介します

「家事の負担が大きい」
このようにお悩みの方は必見です。
どのようにすれば負担が少なくなるのかって難しいですよね。
この記事では、家事が楽になる間取りについて詳しく解説します。

□家事動線を考える際のポイントについて

家事動線を考える際の4つのポイントについて解説します。

1つ目は、家事が楽になる間取りのポイントです。
それは、無駄のない家事動線です。
移動時間を短い距離で進めていくことで家事の効率が上がります。
家事の時間が短縮されればそれ以外のことに多くの時間をさけます。
そのためにも無駄のない家事動線を実現する間取りが大切です。

2つ目は、キッチン周りの動線で時短することです。
キッチン周りの環境を整えることは大切です。
コンセントの位置や数など細かいところまで気を配ることで、キッチンでの家事の効率を上げます。
ゴミ出しのことも考え、玄関とキッチンの距離を工夫することも必要です。

3つ目は、掃除を時短できる間取りです。
できるだけ物を収納できる場所を確保することが大切です。
どこの位置に何を収納をするかを明確にすることで部屋が散らかりにくいです。
またその収納スペースをいかに使えるかも重要です。
いかにいい位置にあるか、出し入れしやすいかなども重要なポイントです。

4つ目は、意外と重労働な洗濯を楽にする間取りです。

どのように普段の洗濯をするかを考えた間取りにすることが大切です。
洗濯機の周りに収納スペースを作ることや、朝の出かける前の作業が多ければ玄関の近くに洗濯用のスペースを設けるといったような工夫が大切です。

□家事が楽になる間取りのポイントについて

楽になる家事のポイントについて3つ説明します。

1つ目は、回遊型であることです。
回遊型とは、行き止まりのない間取りのことです。
家事をする上での無駄な動きや、行ったり来たりをすることがなくなるので、家事の効率が上がります。

2つ目は、適材適所の収納力があることです。
どこに何の収納場所があるかは大事です。
明確に決まっていることで散らかることを防げるのはもちろんですが、ものを取り出しやすくなります。
これによりさらに家事の効率が上がります。

3つ目は、家事を並行して行えることです。
子供がいる家庭だと特に、何か一つに時間をかけるというよりかは、複数の作業を同時並行で行うことが多いです。
なので複数の家事が一気に行える間取りが理想的です。

□まとめ

今回は、家事が楽になる間取りについて詳しく解説しました。
家事動線を考える際のポイントと家事が楽になる間取りのポイントに関してご理解いただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
家事が楽になる間取りを作ることを検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!