窓が少ない家は後悔する?窓で失敗しないためのポイントを紹介

「窓の設置で失敗しないために何をすればいいのか」
このようにお悩みの方は必見です。
窓が少ない家は後悔するのかって実際にわからないですよね。
この記事では、窓で失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。

□窓が少ない家の後悔することとは?

後悔した大きく三つのことについて説明します。

一つ目は、気分が落ち込みやすいことです。
日中も窓が少ないため、気分が落ち込みます。
気分を上げるために外に出て光を浴びる手間がかかることもあります。
光があるのとないのでは全く気分が違います。

二つ目は、家にカビが生えやすいことです。
窓が少ないため、空調が悪く、光も入ってこないため、カビが生えやすい状態になります。
換気するのも大変なため、湿気が溜まったりすることでさらにカビが発生しやすくなります。
健康面的にもよろしくないため、カビを生やさないために窓が多い方がいいです。

三つ目は、暗いことです。
上記の二つのポイントにも共通していることですが、光が入って来づらいため、暗いです。
何かと明るいだけで気分も落ち込みにくいです。
明るい場所の方が気分も晴れますし、暗いと気分も暗くなってしまいがちです。

□新築の窓を決める際のポイントについて

新築の窓を決める際のポイントについて三つ解説します。

一つ目は、吹き抜けのある家の窓の配置です。
風通しがよく、光がよく入ってくる窓の位置が、吹き抜けの場合は効果的です。
実際に3方向に窓を設置することが効果的です。
また、天窓を採用する場合は雨漏りしにくい施工が重要です。

二つ目は、寝室と子ども部屋の窓の配置です。
二つ以上の窓の配置があることが自然光が入りやすいため、効果的です。
プライベートな空間でもあるため、窓の位置をしっかり確認する必要があります。

三つ目は、浴室とトイレの窓についてです。
浴室とトイレの窓は、湿気をうまく逃がしてくれます。
ですが、浴室の窓は結露やカビが起きやすいことや、サッシの掃除の手間、壁よりもどうしても断熱性が低くなるというデメリットがあります。
特にトイレは、メリットとデメリットを理解した上での設置が大切です。

□まとめ

窓で失敗しないためのポイントについて詳しく解説いたしました。
窓を少なくして後悔した方の後悔事例と新築の窓を決める際のポイントに関してご理解いただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
注文住宅を検討している方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!