マイホームをお考えの方へ!ベランダがないことで後悔する理由を紹介します!

「ベランダは必要なのか」
このようなお悩みをお持ちの方は多いでしょう。
マイホームを建てる上で後悔しないためにも、ベランダの重要性は知っておきたいですよね。
そこで今回は、ベランダの持つメリットとデメリットをご紹介します。

□ベランダなしで感じる不便なことは?

家にベランダがないと、どのような支障を来すのでしょうか。
ここではベランダがなくて困った3つの例をご紹介します。

まず1つ目は、洗濯物を干すスペースが無いことです。
ベランダを持つ家の多くが、洗濯物はベランダで干しています。
しかし、ベランダがないと家の中に部屋干しするためのスペースを作らなければいけません。
現在では部屋干し用の洗剤やグッズが多く販売されていますが、部屋干しにはいくつかの欠点が存在します。

例えば、洗濯物の量が多い時や乾きにくい冬の季節の時です。
部屋干しの場合、スペースが限られているため思うように干せないでしょう。
特に、天気が良い日はベランダで干したい方が多いと思います。

2つ目は、ゴミの置き場がないことです。
定期的にゴミを出していればゴミは溜まりませんが、思いがけず多くのゴミが発生してしまう時があると思います。
そのような時には、一時的にゴミを置いておける場所があればとても便利です。
ベランダがあれば、外にゴミを置けるため悪臭がしません。

そして、虫の発生も予防できます。
しかし、ベランダがないと部屋に置くしかないため、移動の邪魔になるなどの支障があるでしょう。

3つ目は、夏の強い日差しがそのまま部屋に入ってきてしまうことです。
二階建て以上の家の場合、ベランダがあることで下の階の日除けの役割を果たしてくれます。
しかし、ベランダがないと直接日光が家の中に差し込むため部屋が暑くなりやすくなります。
温度だけではなく、強い日差しの影響で壁や床が傷んでしまう場合もあります。

□ベランダで後悔したことをご紹介!

ベランダがないと不便なことは多くありますが、一方でベランダがあることで後悔した例も存在します。
ここでは、その3つの後悔をご紹介します。

1つ目は、掃除が大変なことです。
ベランダは外にあるため、雨や風で汚れやすいです。
ベランダの広さにもよりますが、汚れるたびに掃除をしないといけないことが負担に感じる方は多いと思います。

また、ベランダに水栓がない場合は家の中から水を運んでくる必要があるため、より大変です。
掃除だけではなく、ベランダで植物を育てたい方はベランダに水栓を付けておくと良いでしょう。

2つ目は、ベランダの屋根が短い、あるいはないことによる後悔です。
屋根がないと日差しは差し込みやすくなりますが、雨の日は直接雨に打たれてしまいます。
ベランダに洗濯物を干している時に急に雨が降ってしまった場合、洗濯物はすぐに濡れてしまいます。
また、日差しが強いと熱中症になる可能性があるため、ある程度日光を遮ってくれる屋根は必要です。

3つ目は、スペースが狭すぎることによる後悔です。
広いと掃除の時に大変ですが、狭すぎることも使い勝手が良くありません。
洗濯物を干す際も、人が数人通れるほどのスペースが無いと干すこと自体が難しくなってしまう可能性があります。
せっかくベランダを作るのであれば、他にも使い道を見つけられるようなスペースは確保しておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、ベランダの持つメリットとデメリットをご紹介しました。
ベランダを作る前に、その必要性は何か、ベランダで何をしたいのかをよく考えてから決めるようにしましょう。
皆さんもこの記事を参考に後悔のない家づくりをしてみませんか。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!