床暖房はいらない?エアコンとどちらがお得か紹介します!

「床暖房とエアコン、どっちが良いのか分からない」「床暖房はいらないのか」
このようにお悩みの方は多いでしょう。
この記事では、床暖房の特徴を踏まえて、エアコンとの比較をご紹介します。

(リンナイHPより引用)詳しくはこちら→【リンナイ】

□メリットとデメリットをご紹介!

ここでは、床暖房が持つメリットとデメリットをご紹介します。

まずメリットとして挙げられているのは、埃が舞わないことです。
床暖房はふく射熱で床全体を温めるため、エアコンと違い埃が舞って空気循環が悪くなることがありません。
そのため、暖房を付けていても室内のクリーンな空気を保てます。

2つ目のメリットは、足元から温めてくれることです。
暖かい空気は上に上がっていくため、クーラーを付けていても足元はなかなか温まりません。
しかし、床暖房は床から熱を感じるため、冷えを感じやすい足元から温めてくれます。

3つ目は、小さな子供の危険が少ないことです。
熱源は床下にあるため、お子様が誤って触れてしまい火傷をするというトラブルを避けられます。
そのため、お子様がいるご家庭にとっては安心して利用できるでしょう。

一方で、床暖房のデメリットとして温まるまで時間がかかることが挙げられます。
床暖房を設置する面積にもよりますが、広範囲で設置する場合、床全体が温まるまで数日かかってしまうケースもあります。

さらに、比較的小さな影響ではありますが、人体に被害を及ぼすことも考えられます。
床暖房は種類によって電磁波が出ていることがあるのです。
あまり体に影響力はありませんが、電磁波は体に良くないとされているため注意が必要です。

□床暖房とエアコンの価格を比較!

床暖房とエアコンでは、どちらがお得なのでしょうか。
ここでは、それぞれにかかる料金を比較します。

温水式の床暖房の場合、一時間あたり起動時は約43円、運転時は約11円とされています。
1日につき8時間使用すると仮定すれば、平均約131円という計算となります。

エアコンの場合、メーカーにもよりますが床暖房と同様に1日8時間使用すれば、約136円前後です。

これらの結果から、1日にかかる料金は両者に大きな違いはありません。
しかし、初期費用や修理費用を考えるとエアコンの方がコストを抑えられます。

□まとめ

ここでは、床暖房の特徴を踏まえて、エアコンとの比較をご紹介しました。
寒い冬を暖かく乗り切るために、コストや機能面を踏まえてどの暖房を使うかをよく考えてみてください。
何かお困りのことがありましたら当社にお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!