子供部屋の間取りでお悩みの方へ!必要な広さや後悔したことについて解説します!

お子様がいらっしゃる家庭の家づくりで欠かせない、子供部屋について悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
子供が大きくなっても生活しやすい部屋にしたいですよね。
そのためには将来の生活スタイルも考慮する必要があります。
そこで、今回は子供部屋の間取りについて、後悔しない部屋作りのポイントを紹介します。

 

□子供部屋に必要な広さは?

子供部屋の一般的な広さは4.5畳と6畳です。

4.5畳の部屋はやや窮屈で、ベッドと学習机を置くと部屋がいっぱいいっぱいになってしまいます。
しかし、ほとんどリビングで過ごし、勉強や睡眠のみを自室で行う場合は十分に足りる広さになっています。
6畳の部屋はベッドと学習机を置いてもまだ余裕があります。
そのため、友人を呼ぶこともできます。

4.5畳では狭いから、6畳の部屋を用意してあげたいと思う方もいらっしゃると思いますが、無理をする必要はありません。
リビングほど高い快適性を求めなくても、工夫次第で4.5畳以下でも快適な子供部屋をつくることが可能です。

しかし、6畳といっても実際に使えるスペースは6畳もないことがあるため、注意が必要です。
6畳+クローゼットか6畳(クローゼット込み)なのかをきちんと確認する必要があります。
さらに、クローゼットの扉次第では、扉の前のスペースも空けておかなくてはいけないので、実際には6畳使えません。

□子供部屋で後悔したこと

1つ目は、子供部屋をオープンにしてしまったことです。
子供が成長してくると、部屋を個室にしたいですよね。
しかし、初めをオープンな子供部屋にすると、個室にするためにお金がかかります。
そのため、将来のことを考えて間取りを考えましょう。

2つ目は、子供部屋を2つ作ったが、日当たりが違ってしまったことです。
2部屋とも南向きならいいのですが、南向きならいい訳ではありません。
南向きは夏の日差しがまともに入ってくるので、窓の数も考える必要があります。

3つ目は、リビングの上を子供部屋にしてしまったことです。
これは暮らし始めて発覚する問題ですが、気になってしまうことの1つです。
できれば夫婦の寝室をリビングの上にして、他のスペースに子供部屋を配置するようにしましょう。

□まとめ

今回は子供部屋の必要な広さ、後悔するポイントを紹介しました。
子供部屋をつくる際には、将来のことをしっかり考えて、部屋の広さや間取りを考えましょう。
子供部屋づくりに迷われている際にはぜひ今回の記事をお役立てください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!