新築をご検討中の方へ!タンクレストイレのメリットと後悔するポイントをご紹介!

「トイレをリニューアルしたい」
「タンクレストイレってどんなもの」
このような疑問や興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はタンクレストイレのメリット、デメリットの双方をご説明します。
ぜひ最後までご覧ください。

出展:TOTO カタログ引用

特徴:TOTO ネオレスト

HP:https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/

□タンクレストイレのメリットはこちら!

タンクレストイレはトイレ後ろの水溜まりタンクがなく、便器だけとなっています。
水道と小さな内蔵タンクが便器から出っ張ってとりつけてられているトイレもあり、少々見た目で判別しにくいものもあります。
そのため、タンクレストイレは大型便器が一つ分の大きさのトイレであると定義されています。

また素材の面では、近年有機ガラス系素材やガラス層を焼き付けるセラミックなど、 陶器より硬くツルツルしたものが普及しています。
それゆえ、拭き掃除がしやすいだけでなく、デザイン性からもつやが出ており、スタイリッシュなイメージを醸し出せます。

□タンクレストイレで後悔するポイントとは?

主に4つのポイントがございます。
それぞれ見ていきましょう。

まず、節水効果に期待できません。
タンクレストイレは節水ができるといわれていますが、洗面所で手洗いをしなければなりません。
結局水道をトイレと洗面所で2つ使わなくてはならないため、その点で従来のトイレで考えられる方もいらっしゃいます。

また、故障したときに部品がなければ本体ごと交換しなければならないケースがあります。
従来のトイレであればどこかに不具合があればその部位だけ交換すればよかったですね。
年数が経ち、タンクレストイレの部品に不具合があった際は全部交換しなければならないことがあるため、その点の注意が必要です。

水圧の関係の問題もございます。
タンクレストイレにはタンクがなく、給水ホースに直接つないで使用しなければなりません。
マンションや戸建ての2階以上のフロアで生活する場合、水圧を調べ、場合によっては水圧ブースターの設置に別途費用が重なる恐れがあります。
場合によっては取り付けが不可能なこともあるため、事前に設置できる環境にあるかどうか入念に確認しましょう。

□まとめ

今回はタンクレストイレのメリット、デメリットの双方をご紹介しました。
今回の情報を少しでもお役に立てていただければ光栄です。

当社は約40年にわたる新築やリフォームの実績があり、お見積もりから施工まで終始一貫オーナー様を大切にしております。
何かお困りの際は、ぜひ当社までご連絡ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!