注文住宅の購入をお考えの方へ!キッチンの間取りの決め方を解説します!

注文住宅の購入を検討されている方で、キッチンの間取りの決め方でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、キッチンの間取りの決め方の指標と注意点について詳しく解説します。

□キッチンの間取りの決め方の指標

キッチンの間取りの決め方の指標において、生活動線に気をつけることが大切です。

 


生活動線とは、生活において、人が自然に動く経路をあらわしたものです。

キッチンにおける動線は、調理しやすい環境を整えるために、シンプルで無駄のないものを選択する必要があります。
また、効率的なキッチンの動線を考えるには、日頃の調理の流れを思い出したり、キッチンでの作業ポイントである「コンロ」「シンク」「冷蔵庫」をイメージしたりすることが効果的です。

□キッチンの間取りを決める際の注意点

キッチンの間取りを決める際の注意点として、主に3つのポイントが挙げられます。

1つ目が、コンセントの位置や数をよく確認することです。
キッチンでは、炊飯器、冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品を頻繁に使います。

そのため、キッチンの間取りを決める際、家電を使用する数に応じて、コンセントの数
を決める必要があります。
また、コードの長さにも配慮し、あらかじめ家電の配置場所を決めておくことが大切です。

2つ目が、キッチンの周りの設備について考えることです。
例えばビルトイン型の食洗器がありますが、この設備を設置するかは使用頻度に応じて検討する必要があります。
あまり使用する予定がなく設置してしまうと、邪魔になってしまう恐れがあります。

その他ビルトイン型のオーブンレンジは、他のタイプとの価格の相違もあるため、十分に比較検討することが大切です。
据え置きタイプを設置することも一つの方法ですね。

コンロの種類は、ガスコンロとIHコンロがありますが、料理する頻度や清掃面を十分に配慮した上で選ぶようにしましょう。
調理スペースについては、見た目を重視するならば人工大理石やタイルが人気ですが、使いやすさを重視するならばステンレスがおすすめです。

3つ目が、ごみ箱の位置を考えることです。
キッチンの間取りを考える際、意外に見落としがちな部分はごみ箱の設置場所です。
キッチン内で邪魔にならないように、丁度良いスペースを確保しましょう。

□まとめ

今回は、キッチンの間取りを決め方の指標と注意点について紹介してきました。
注文住宅の購入を検討している方、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
また、注文住宅に関するお悩みや質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!