注文住宅で間取りを決める際の注意点について解説いたします!

注文住宅を検討している方の中には、間取りで悩まれている方も多いのではないでしょうか。
注文住宅であれば、おしゃれな間取りにしたいという方も多いでしょう。
しかし、間取りを決める際は、知っておくべきポイントがあります。
今回は、注文住宅の間取りを決める際のポイントと、注文住宅を成功させるコツを紹介します。

 

仮プラン作成

□注文住宅で間取りを決めるときのポイントは?

間取りを決定する際には、どのような注意点があるのでしょうか。
ここでは3つのポイントを紹介します。

*収納スペースを把握する

どれぐらいの収納スペースが必要かは家族によって異なり、設計者がそれを予想するのは難しいです。
そのため、どういったアイテムをどれぐらい収納する必要があるか振り返り、プランを計画する段階で明確に伝えるようにしましょう。
また、将来的な視野も含めて収納スペースを用意しましょう。
現在の収納物の量を基準にすると、将来的に収納スペースが足りないということもあり得ます。

*おしゃれな間取りには注意する

せっかく注文して住宅を建てるなら、できる限りおしゃれな間取りの家にしたい方も多いではないでしょうか。
しかし、間取りを見た目重視で決めるのは避けましょう。
たとえおしゃれな間取りでも、カビが生えやすく、安全上のリスクがある家ではくつろぐのも難しいのではないでしょうか。
見た目だけでなく本当に理想の暮らしを実現できるのかどうかを意識してプランをたてましょう。

*コンセントの配置と数

注文住宅を建てたあとに後悔する可能性が最も高いポイントの1つといえるのがコンセントの位置です。
例えば、寝る前にスマホを充電したいのに寝室にコンセントがなかったという状況などが挙げられます。
そのため、自分がいつどこでコンセントを必要とするかを徹底的に考えておきましょう。
コンセントは少なくて困るよりも多くて余る方がましだという考え方もできるかもしれません。
図面を何度も確認し、不足がないようにしましょう。

□注文住宅を成功させるためのコツは?

注文住宅で成功するためには、納得がいくまで打ち合わせるのが重要です。
では打ち合わせにおいて心がけるべきことは何でしょうか。

まず、設計担当者との打ち合わせでは、自分の希望をはっきりと遠慮なく言うようにしましょう。
あなたの思いが伝わっていないと希望通りの注文住宅を実現するのは難しいです。
実現が難しく思えることも担当者は知識を駆使して実現を目指してくれるはずです。
そのため、納得がいかないところは何度でも質問をするようにしましょう。

次に、家族での打ち合わせも十分行いましょう。
せっかくなら家族全員の希望を可能な限り実現するようにしたいですよね。
担当者との打ち合わせの段階で家族それぞれの希望が異なると担当者も困るので、事前に家族としての希望をすりあわせておきましょう。

また、打ち合わせ内容は書類に残すことを忘れないでください。
そうすることで、住宅の完成形が希望と異なることを防げます。
また、費用や契約上のトラブルを防ぐことにもつながります。

□まとめ

今回は注文住宅の間取りを決める際のポイントとコツを解説しました。
この記事が注文住宅を考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。
ご不明な点があれば、いつでも当社にお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!