豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / 3密じゃなく4早に!

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っているナナハウスの中島です。

いつもご拝見いただきありがとうございます。

 

ナナハウスもゴールデンウイーク休暇をいただき、皆様には大変ご不便をお掛け致しました。

政府は6日までの緊急事態宣言でしたが31日までの延長という事ですが、ナナハウスは今日から通

常業務に入りました。引き続き宜しくお願い致します。

 

今年のゴールデンウイークは『ステイホーム週間』という事で過去の例のないほどの閑散休暇と

なりました。私も家でステイするために何をしようか?と考え、この休暇中ずっとお家のメンテナ

ンスをしておりました。

Before                       After

 

 

 

ここまでメンテナンスできたのも初!ある意味良かったですが、おかげで

体のあちらこちらが痛くて大変です。(^^;)

 

********************************************

 

さて、この新型コロナウィルスの日本政府の対応について、様々な意見と声が出ておりますが、私も

一番感じるのが対応の判断の『遅さ』です。更に言うと海外諸国と比べ最低な補償内容。

正直、たくさんの税金を納めてきたのに、この程度しかできない日本政府に失望しましたね。

 

もちろん慎重にならなければならないのは十分承知していますが、緊急時に議論や会議とか関係なく

現場を何でもサポートするのが本望だと。指示役の首相が『こうする!』と決めて発言する。そして

決めたら各部署が何とかすればいいんです。逆にするしかないと私は思います。

 

できる?できない?なんて言っているばあいじゃない、『やるんだ!』とコミットがほんと足らない。

発生源の中国を称える訳ではありませんが、でも中国は発生を真摯に受け止め、拡散防止の為にとった

行動はやり過ぎ?って思うほどの対応でしたが、でもそのくらい本気で向き合い取り組んだ成果が収束

に辿り着いたのです。

 

今の日本は中国を見習うべきだと思います。『3密』なんて言ってる場合じゃない。

『早期発見』『早期検査』『早期診断』『早期治療』の4早が中国のルールだそうです。日本はその逆

ですね。ほんと恥ずかしく感じます。

 

日本の住宅に置き換えても、海外と日本の文化価値観の違いも同様ですが、かつての日本は諸外国から

比べると技術力の高さから一目置く国でしたが、今は海外諸国の技術の方が勝っています。

要は海外の住宅の方が勝っているという事です。ロボット化住宅も凄いけど海外の先見を見習うべきで

はないでしょうか。

 

一日も早い終息を祈ります。

 

では、また。(^^)/

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!