タイトモールド基礎工法

こんにちは、フェリックスの中島です。

いつもご拝見いただき誠にありがとうございます。

 

明日はクリスマスイヴですね~。みなさんどんなクリスマスを過ごされますでしょうか。

私は子供たちが成人し、それぞれのクリスマスとなりそうですが楽しいクリスマスを

過ごそうと思います。良いクリスマスを過ごしてくださいね。

 

さて本題ですが、先日、群馬県の会社に基礎断熱の勉強に行ってまいりました。

 

 

そう、なかなか公開できませんでしたが”画期的な基礎断熱工法”を弊社は採用していきます!

その名も『タイトモールド』です。

 

(司コーポレーション株式会社提供)

 

一般的な基礎はコンクリートがむき出しになっているため、夏の直射日光による高温、冬の

冷気が熱伝導率の高いコンクリートへダイレクトに伝わり床下へ影響を及ぼしています。

 

【一般基礎】                 【タイトモールド基礎】

 

 

これは冬場にサーモカメラで撮影した温度比較写真です。

 

【タイトモールド基礎】     【一般基礎】

 

これは工法的にも仕方が無いので、1階の床裏に断熱材を入れる事で熱を入れないように

しているのが現状です。

 

しかし、このタイトモールドは基礎のコンクリートが特殊なEPSボード、簡単にお伝え

すると発泡スチロールに近い素材で囲まれており、の温度をシャットアウトします。

 

 

それにより四季を通じて床下の温度が平均20℃、湿度50%前後を維持します。

実際に私が体験してきましたが、この寒い冬でも床板が冷たくないんです!

これが事実の写真。

 

 

床下が冷たくなければ室内もおのずと一緒ですよね。

 

 

ほんとに凄かったです。足の裏が冷たいのってほんと嫌だし、体にも影響を及ぼしますからね。

 

来年早々から着工するお客様のお家から採用していきますので、ご興味のある方はお気軽に

お問い合わせください。現場へもご案内いたします。

 

それでは・・メリ~クリスマ~ス!!

 

  • Instagram
  • facebook

    7HOUSE

  • LINE@