• セミナー・イベント予約
  • お問合せ・資料請求

面倒くさがり屋さんの家づくり

仮にあなたが、

私と同じように散らかっているのを

見て見ぬふりをするタイプだとしたら、

そして、火がつくとトコトン片付けや掃除をするけど、

それまでは相当お尻が重い

筋金入りの面倒臭がり屋さんだとしたら、

これからお伝えする2つのことを

家づくりに取り入れていただくといいかと思います。

まず、こんなタイプの方が間取りで取り入れたいことが、

「リビングのすぐ近くに大きめの収納をつくる」ということです。

この一番の理由が、

服を寝室のクローゼットまで夜持って片付けにいくのと、

朝持って降りてくるのがとにかく面倒臭いからです。

 

大掃除の後などは部屋がきれいになっているので

しばらくは頑張ってそれもやるものの、

部屋が汚れていくのに比例してそれもどんどんしなくなり、

いつの間にかダイニングの椅子には

上着やらパンツやらがガサッとかけられている状態なのが我が家です・・

 

しかも、僕よりもひどいのがうちの子供たち。

ちなみに2人ともそれなりの歳の女の子ですが、

常に制服も普段着もパジャマも全て脱ぎっぱなしの放りっぱなし、

カバンや荷物も何もかも全てリビングに置きっぱなし、という状態です。

 

もはや、この状態を見たら、

片付ける気力なんて一気に失せてしまうでしょう。

 

というわけで、

我が家のリビングダイニング周辺は

いつもとてつもなく散らかっているのであります。

 

そして、それを解決する方法の一つ目が

「リビング横に衣類もしまえる収納をつくること」

ではないかと思っている次第であります。

もっとも我が家に至っては、

これをしたとて大した解決策にならないかもしれませんが・・

 

そしてもう1つのアイデアが

「子供部屋は1階につくる」ということです。

 

個人的にこれはものすごく素晴らしいアイデアだと思っています。

というのも、1階に子供部屋をつくれば

そこは子供たちの部屋であると共に

子供用リビングとしても使えるからです。

また、莫大な量がある子供たちのものの収納にもなるからです。

 

つまり、

子供たちが自分の部屋で遊んでくれやすくなるため

リビングが散らかりにくくなるし、

子供部屋ならどれだけおもちゃを出しっぱなしにされていても

別段問題もないってわけですね。

 

カバンや衣類だって

わざわざ階段を上がって持っていくのはだいぶ面倒臭いけど、

その向こうまでぐらいなら持っていってくれやすくなりそうですもんね。

あるいは、持っていかない場合でも

自分自身が持って行きやすいですしね。

 

なんなら、冬場の洗濯干場として使ったっていいわけですしね。

子供たちは、小さいうちそこで寝るわけじゃないですしね。

 

そんなわけで、個人的に面倒臭がり族は

ほぼ強制的にでもこの2つを取り入れるべきだ

と思っている次第であります。

 

そして、なんなら寝室すら1階につくって

「平屋」にしたらいいと思っています。

そしたら、生活自体がもっと楽になりそうですしね。

 

ただ、階段の上り下りは、

日常のちょっとした運動になるという見方もあるので、

健康面で考えると寝室は2階でもいいような気もするんですけどね。

 

まーこれに関しては、

わざわざ土地を余らせてまで2階部分をつくる必要はないので、

それぐらいの運動は別でしてください

という話になるのですが。

 

それはさておき、

仮にあなたが私と同じように超面倒臭がり屋さんで

あんまり片付けも掃除もしたくないタイプだとしたら、

ぜひこの2つのアイデアを家に取り入れてみてください!

 

多分、住んでからのストレスは

そうじゃない場合に比べてずいぶんと小さくなるはずだと思います。

 

2024年3月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!