• セミナー・イベント予約
  • お問合せ・資料請求

実体験による失敗談

我が中島家は、

寝室と衣類クローゼットをどちらも2階につくるという

痛恨のミスを犯してしまったがために、

不便で面倒くさい日々を送っております。

 

まず、家に帰ってきてパジャマに着替えた後、

今日着ていた衣類を全て2階まで持って上がらないといけません。

これをしないとダイニングチェアーにスボンが積み重ねられていくし、

絶好のハンガーパイプ代わりとなる

購入以来ほとんど使われていないランニングマシーンに

上着を吊ってしまうからです。

そんなわけで、

日々この行動をするように心がけている自分に厳しい?私なのですが、

実はこの行動は更なる面倒くさい問題を私に与えてくれるんです。

 

こんにちは。

ナナハウス、シンプルノート豊橋北スタジオの中島です。

 

その問題とは、朝起きて1階に降りる時に

今日着る服を全て準備して持って降りてこないといけないということです。

そのタイミングで持って降りてこないと

身支度する時に再び2階に上がらないといけませんからね。

面倒くさいったらありゃしないってわけですよ。

 

そんなわけで、夜寝る前に明日着る服をきちんと準備するという

几帳面な暮らしをしている僕なのですが、

3回に1回は靴下やら上着やらを2階に置き忘れてしまい、

泣く泣く2階に上がっているので、

つくづくこの間取りの不便さを痛感している今日この頃でございます・・

 

というわけで、今回はその解決策をお伝えしていきたいと思います。

うちが提案するプランの基礎となっていることです。

 

◆平屋にする

 

この上と下を行ったり来たり問題は、

2階さえつくらなければ一瞬で解決します。

なので、平屋が建てられる土地なら平屋一択にすべきだと思います。

 

 

想像してみてください。

寝室も子ども部屋も衣類クローゼットも

全てが居間と同じフロアにある暮らしを。

片付けるのも取りに行くのも便利だと思いませんか?

 

きっと子どもたちも

自分の部屋をふんだんに使ってくれることでしょう。

よちよち歩きの小さなうちから。

 

想像してみてください。

洗濯物を2階に干しに行くこともなければ、

洗濯物を2階に取り込みに行くこともなく、

洗濯物を片付けるために上下を行ったり来たりする必要がない暮らしを。

つまり家事動線なんて全く気にしなくていい暮らしを。

 

きっと、それだけで家事時間の短縮になるでしょうし、

子供から目を離すこともなくなるし、

なにより気持ちにゆとりが生まれることでしょう。

 

というわけで、弊社では基本平屋を提案しているし、

実際約80%のお家が平屋なのですが、

とはいえ、土地の広さ的な問題で平屋が建てられない場合もあるので、

そんな場合は、

 

◆衣類クローゼットだけでも1階につくる

 

ことをオススメしています。

部屋は2階にせざるを得ない場合でも、

衣類置き場だけでも1階につくっておけば、

僕が直面している問題は99.99%回避出来るからです。

上下移動は足腰が劣化しつつある中高年だけに限らず

若い世代の子たちでも面倒くさそうですしね。

 

というわけなので、私の実生活の経験談から

同じような失敗だけはしないようにしていただけたらと思います。

ほんのわずかな違いのようですが、

暮らしやすさに大きな違いをもたらすのでぜひ参考にしてください!

 

それでは、、、

 

2024年3月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!