• セミナー・イベント予約
  • お問合せ・資料請求

親に立ちはだかる「進学資金」の壁

大学にさえやれれば、「万事オッケー!」とは思わないものの、

子供たちの未来の可能性を少しでも広げてやるために

大学には行かせてやりたいと思うのが

「親」というものではないでしょうか。

 

 

 

しかし、そこに立ちはだかるのが金銭的な問題です。

大学に行くとなると、授業料はもちろん、

家賃・光熱費・生活費なんかも親が払わないといけませんからね。

 

ゆえ、子供が生まれたと同時に、

多くの方が当たり前にように学資保険に入るように、

出来るだけ早いタイミングから

大学進学を見据えてお金を積み立てていくことをオススメしています。

 

こんにちは。

ナナハウス、シンプルノート豊橋北スタジオの中島です。

 

では、その具体的な費用と積立方法について

一緒に考えていきたいと思います。

 

◆一気に跳ね上がる子供へのコスト

 

大学と一口に言っても、

国公立か私立かでも授業料が大きく違うし、

私立でも文系か理系かでも大きく違います。

(医学系はさらに上を行きます)

 

ざっと言うと国立の場合、

4年間の授業料を合わせると約243万円が必要で、

私立文系の場合が約398万円で

私立理系の場合が約542万円といった感じです。

 

毎月にならすと国立の場合でも約5万円、

私立文系になると約8万円で

理系にもなると約11万円ってことですね。

 

高校の授業料が毎月1万円弱なので、

そう考えるととんでもないぐらい跳ね上がるというわけです。

その分、大学では塾代がいらなくなりますけどね。

 

また、子供たちが県外に行くとなれば、

授業料とは別に家賃・光熱費・生活費を払わないといけません。

ゆえ、授業料にプラスして毎月10万円ぐらいの支出が必要だと

考えておいた方がいいのではないでしょうか。

 

そんなわけで、たとえわずか4年間だとしても

確実に大きな負担となるこれらの費用に関しても

出来るだけ今のうちから準備していっておくべきだと考えている次第です。

 

◆教育資金の準備方法

 

子供たちの人数と年齢にもよりますが、

仮に小さな子供が2人いる場合、

2人分の私立大学の授業料を

銀行預金と学資保険で準備していくとしたら、

全くと言っていいほどお金が増えないため、

毎月4万円ほど積み立てていかないといけません。

 

ゆえ、個人的には、

銀行への預金や学資保険に預けるのはやめて、

その資金を全て長期積立投資に回すことをオススメしています。

 

前々回お伝えしたように、

年率3.5%以上の割合でお金が増えていくとしたら

20年前後の積立期間があれば、

預けたお金が2倍ぐらいになっている可能性が高いからです。

 

逆に言うと、長期積立投資で授業料を準備していくとしたら

毎月2万円ほど積み立てていけば

同じだけの資金が準備出来るかもしれないということだし、

また毎月4万円ほど積み立てていけるのであれば、

家賃、光熱費、生活費までも準備出来るかもしれないというわけですね。

 

いかがでしょうか?

 

もちろん、これはあくまで理論上の話であり

確実にそうなるわけでもありません。

また、多かれ少なかれ投資に対する抵抗もあると思います。

 

しかし、個人的には、

これが進学資金の最も合理的な準備方法だと思っているので、

ぜひ、この記事も参考にしていただければと思います。

こういった資金も計画に織り込んだ上で、

家づくりの予算を決めることはとっても大切なことですから。

 

それでは、、、

2024年3月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!