コンテンツ

素材

【基礎】

 

 

フェリックスの家は必ず地耐力調査を行い「ベタ基礎工法」で施工

 

布基礎工法は建物荷重を基礎のフーチングを通して支えるため地盤に集中して荷重が掛かります。

ベタ基礎は基礎の底面全体で荷重を支えるので建物の荷重を分散でき地盤沈下や不動沈下の心配が

少なくなります。安心・安全第一な基礎を採用しております。

 

【構造材】

 

 

 

天然無垢構造材

 

安価で強度がある集成材ではなく、地場で育った天然無垢材を採用しています。天然木の耐久性は

伐採してから100年は生き続けると言われているように、永く住み続ける上では必要不可欠な材料

です。日本の高温多湿、地震大国で200年、300年とその姿を変えず生き続いている神社仏閣。

間違いなく長持ち、そして強い骨材である『天然無垢材』は家族の命を守り頑丈な家となります。

私たちは命を守る仕事であり、お客様の安心、安全を第一に見えない部分もこだわっています。


 

 

【断熱材】

 

 

 

セルロースファイバー

 

日本の住宅の多くは技術向上により、簡易化・機密化・機械化が進み断熱に対し第三案での対策が

主要となっています。熱損失を補充でまかなう考えは日本独特の文化ですが、海外は熱損失を阻止

する考え方です。私たちは海外と同じ考えになれば補填の費用(冷暖房)が抑えられ負担も軽減で

きます。その断熱に必要な断熱材が『セルロースファイバー』です。

古紙が原材料のため熱伝導率も低く、調湿性能があり壁内結露にも対応してくれる万能な断熱材。

防音にも効果があり、外部からの嫌な騒音や台風の暴風雨音、落雷音も軽減できるのでストレスを

減らす事ができます。


 

 

  • Instagram
  • facebook

    Felix

  • LINE@