固定資産税について

土地・建物を所有すると、

管轄の市町村に「固定資産税」を

納付しなければいけないため、

たとえ家賃並みで家が買えたとしても、

必然的にこれまでよりも負担は大きくなります。

 

ゆえ、出来るだけその負担が上がらないように

土地にせよ、家にせよ、

無駄に大きくしないということを心がけながら

家づくりをしていただくことをオススメしています。

 

こんにちは

ナナハウス、シンプルノート豊橋北スタジオの中島です。

 

 

今回は、

固定資産税についてお伝えしていきたいと思います。

まず基本的な内容をお伝えした後、

具体的に数字を当て込んでみるので、

最後までお付き合いいただければと思います。

 

基本的な内容

 

固定資産税の税率は、

各市町村によって若干異なる場合はあるものの、

基本的には1.4%となっており、

国が定める評価基準に基づいて

算出した評価額から課税標準額を算出し、

これに1.4%を乗じた金額が固定資産税となります。

 

そして、この評価額は土地・建物それぞれ

3年に一度見直されるのですが、

土地に関しては、経年変化によって

価値が減少するものではないため、

地価の上下によって価格が修正されるのに対し、

建物に関しては、経年変化によって

価値が減少していくため、

固定資産税も下がっていくものだと

把握しておいていただくといいと思います。

 

新築住宅の特例制度

 

土地の評価額は、

国税庁が発表している「路線価」に

土地の面積を乗じた金額なんですが、

土地に関しては、建物が建っていれば、

200㎡(=約60坪)以下の部分に関しては、

課税基準額が評価額の6分の1になり、

200㎡(=約60坪)を超える部分に関しては、

課税標準額が評価額の3分の1になる

という特例措置があります。

 

また、新築住宅の建物に関しては、

当初の3年間(長期優良住宅は5年間)に限り、

課税標準額が評価額の2分の1になると

いう特例措置があります。

 

とはいえ、建物の軽減措置に関しては、

120㎡以内の部分に限るため、

これを超える部分に関しては、

通常通りの評価額で計算されるので、

この点にも注意しながら

家を建てることも1つのポイントとなります。

 

では、具体的に計算していってみますね。

例えば、300㎡の土地を購入したとしましょう。

となると、200㎡までは課税標準額が

評価額の6分の1となり、

残りの100㎡が3分の1になります。

 

課税標準額が1㎡あたり3万円だと仮定すると、

200㎡までに関しては、

3万円×200㎡×6分の1=100万円で、

残りの100㎡に関しては、

3万円×100㎡×3分の1=100万円となり、

これらの合計額に1.4%を乗じた28,000円が

固定資産税ということですね。

 

一方、同じ場所で

購入する土地の面積を200㎡にすると、

固定資産税の金額が半分となります。

 

それゆえ、購入する土地の面積は

200㎡以下にすることが、

ランニングコストとなる

固定資産税の負担を減らすためには、

欠かせない要素となります。

 

建物に関しても、

120㎡以下に抑えておくことを

意識していただくといいと思います。

 

当初3年間の税額を

少しでも抑えることが出来ると同時に、

家が小さくなれば

その分固定資産税も確実に安くなるからです。

 

では、建物の固定資産税を計算してみますが、

建物の課税標準額に関しては、

計算方法がけっこう複雑なので、

ざっと購入価格の70%ぐらいで

計算するといいと言われています。

 

購入価格が2000万円だとしたら、

2000万円×70%×2分の1×1.4%=98,000円

が当初3年間の建物の固定資産税という感じで、

数年後、建物の課税標準額が20%減になったとしたら、

2000万円×70%×80%×1.4%=123,300円が、

その時の建物の固定資産税になるという感じですね。

(建てると分かりますが実際はもっと安いと思います)

 

いかがでしたか?

 

冒頭でもお伝えしましたが、

固定資産税は土地面積や建物面積が広くなれば、

その分、確実に高くなる仕組みになっています。

なので、土地も建物も小さめを心がけながら

家づくりをしていただけたらと思います。

 

それでは・・・

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!