ベランダがない家だと後悔する?実際の事例を紹介します!

「ベランダがないと後悔するのだろうか」
このようにお悩みの方は、いらっしゃいませんか。
一般的な住宅にはベランダがありますが、最近は比較的低コストのベランダがない家も増えています。
今回は、ベランダがない家のデメリットとメリットについて紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

□ベランダがないと後悔しやすいポイントについて

1つ目は、洗濯物を干す場所がないという点です。
家に乾燥機がある場合は問題ないですが、それでもたまには外で干して乾かしたいですよね。
天気が良くて天日干ししたいと思ってもそれができないのがベランダがないデメリットといえるでしょう。

2つ目は、エアコンの室外機を置くスペースが限られるという点です。
家にもしベランダがないと、2階建ての家だとエアコンが2階にあるとしても室外機は1階に置くことにな。
そうなると、ダクトを引っ張らなければなりませんが、ダクトの色を外壁と同じ色にできなかった場合は、せっかくの外観が損なわれてしまうかもしれません。

3つ目は、外観がのっぺりとしてしまう点です。
建物にある程度凹凸があるとおしゃれに見えますよね。
しかし、ベランダがない家だとメリハリがなくなり、単純な見た目となってしまいます。

4つ目は、日よけや雨よけができなくなる点です。
ベランダがあることで日光を遮断するとともに、雨を防げますが、ベランダがないとなると強い日差しが部屋に入ってきたり、雨に悩まされることになるかもしれません。

□ベランダがない家のメリットとは

ここまでベランダがないと不便になることが多いことを紹介してきましたが、ベランダがない家にもメリットがたくさんあります。

ベランダがない場合は、もちろんベランダの分だけ建築費用を抑えられます。
また、浮いた費用を他の設備にかけられるのも大きなメリットとして挙げられるでしょう。
もちろん、経年劣化による修繕費も気にしなくて良いでしょう。
他にも、ベランダは外部分なので汚れやすく、掃除の手間がかかりやすい箇所ではありますが、その手間がないのは嬉しいポイントですよね。

さらに、ベランダは防犯面において弱点となる部分なので、付けない場合は一気に防犯性を向上させられます。
ベランダのある家では防犯センサーや砂利などで侵入者への対策をしなければなりませんが、ない場合はその必要は一切ありませんよ。

□まとめ

今回は、ベランダがない家のメリットやデメリットについて紹介しました。
ベランダがない家は、外観上おしゃれに見えにくかったり、洗濯や室外機のスペースが限られたりするというデメリットがある一方、コスト面で優れるという利点があります。
ベランダの有無は、特に利便性に着目して決めると良いでしょう。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!