意外と後悔してしまう?浴室暖房乾燥機の導入について紹介します!

浴室に付けることで洗濯物の乾燥や暖房の機能を使えるのが浴室暖房乾燥機です。
2つの便利な機能を使えるのは大きな強みですが、一方で設置した後に後悔するポイントもいくつかあるので知っておきましょう。
今回は、浴室暖房乾燥機の導入を考えている方へ、後悔しやすいポイントとメリットについて紹介します。

□浴室暖房乾燥機の後悔しやすいポイントとは?

1つ目は、厚手のものは乾かしきれない点です。
一般的なドラム式洗濯機では、回転させることで洗濯物に温風を当てるのでまんべんなく乾燥させられます。
それに対して浴室暖房乾燥機では、浴室を温めて干してある洗濯物を乾かすという仕組みなので、薄手のものは乾きますが、厚手のものはあまり乾きません。

2つ目は、電気代が高い点です。
浴室暖房乾燥機は、簡単に言うと2、3台のドライヤーが入っているようなものなので、電力をたくさん使います。
よって、電気代が高くついてしまいます。

3つ目は、4人家族の洗濯物を干すのには狭い点です。
浴室はかなり限られたスペースなので、薄手のもので済む夏場には4人分、厚手のものが増える冬場には3人分の洗濯物で精一杯です。
たくさん干すことも可能ですが、その場合は温風が行き渡らなくなってしまうのであまり乾かなくなってしまいます。

□浴室暖房乾燥機を導入するメリットとは?

1つ目は、天候を気にすることなく洗濯できる点です。
雨の日でも夜でも、洗濯したいタイミングで洗濯できるので、時間がないという方にもおすすめです。
また、冬場は風呂場が寒くなりがちですが、暖められるので寒い思いをしなくて済みます。
特に、高齢の世代ではヒートショックの予防にもなります。

2つ目は、風呂場のカビの発生を抑えられる点です。
浴室暖房乾燥機を導入できれば、風呂場のカビに関して心配する必要がなくなります。
風呂場を綺麗にしておきたいという方は積極的に導入すべきでしょう。

3つ目は、どの季節でもお風呂に快適に入れる点です。
浴室暖房乾燥機のメインの機能として、暖房・送風・涼風という3つが挙げられます。
この機能を活用することで、夏は涼しく、冬は暖かくお風呂に入れます。

□まとめ

今回は、浴室暖房乾燥機の導入を検討している方へ、後悔しやすいポイントや導入することで期待できるメリットについて紹介しました。
電気代が高くなってしまうことなどいくつか注意点はありますが、いつでも洗濯できるなど嬉しいメリットもあるので、利点と懸念点を比べて導入するかどうか決めると良いでしょう。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!