カーポートは必要ない?いらなかったと後悔する人の声を紹介します!

車を綺麗に保管する方法としてはカーポートでの保管が効果的です。
ただ、カーポートを導入したことで後悔したという人も一定数存在しています。
今回は、カーポートがいらなかったと後悔する人の声や、導入することによるメリットについても紹介します。

□カーポートに関する失敗例をご紹介!

1つ目は、日当たりが悪くなってしまったという例です。
カーポートを建てる前は日当たりが良かったのに、建てた後に日当たりが悪くなってしまったというケースがあります。
家とカーポートの位置にもよりますが、位置が悪いと日光を遮ってしまうことも考えられます。

2つ目は、台風の時に不安になるという例です。
台風時に強風が吹いて屋根が飛んでいかないかと心配する声は多くなっています。
耐風性の高いモデルを選ばなければ、周辺の家や人に危害を与えかねないので、注意しなければなりません。

3つ目は、掃除が大変だという例です。
車を汚れから守るのがカーポートの主な役割ですが、時間が経つとカーポート自体が汚れてしまいます。

カーポートの汚れは建物全体の印象にも悪い影響が出てしまうため、すぐにでも掃除したいところですが、掃除しようとしても屋根が高い位置にあるため、掃除に大きな手間がかかってしまうこともあるでしょう。

□カーポートを付けるメリットとは?

1つ目は、雨に濡れないことです。
特に、子どもがいる家庭では、雨の日に子どもをチャイルドシートに乗せたり降ろしたりする手間はかなり大きいと言えます。
一方で、カーポートがあれば濡れずに済むので、雨対策として非常に助かるでしょう。

2つ目は、車の中が暑くならないことです。
特に夏においては車内の温度が50度を超えることもあります。
しかし、カーポートがあれば車が強い日差しにさらされないので、車内の温度を気にしなくて良いでしょう。

3つ目は、車の劣化を防げることです。
車の保管に最も良い方法は、室内保管です。
長期間車に乗っていないと気づきにくいポイントですが、外で長期間保管していると車の塗装がはがれたり色が変わったりしてしまいます。

□まとめ

今回は、カーポートに関する失敗例やメリットについて紹介しました。
日当たりが悪くなったり、掃除に手間がかかったりと、いくつか後悔するようなポイントはあるものの、雨に濡れない・車内が暑くならないなどのメリットもあります。
これらのメリットが魅力的に感じるという方は導入を検討すると良いでしょう。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!