タンクレストイレのデメリットとは?後悔しないための秘訣を紹介!

「タンクレストイレは後悔することが多いのか」
このようにお悩みの方は必見です。
タンクレストイレの実態って具体的に何かわからないですよね。
この記事では、タンクレストイレのデメリットと後悔しないための秘訣について詳しく解説します。

□タンクレストイレのデメリットについて

タンクレストイレのデメリットは5つあります。

1つ目は、手洗い場が別に必要ということです。
タンクレストイレには、手洗い場がありません。
手洗い場を別に作る必要があり、トイレの大きさが大きくても手洗い場の影響で広さが取られてしまいます。

2つ目は、停電時に使いにくいことです。
タンクレストイレは、電磁弁を電気で動かしているため、停電してしまうと水が流れなくなります。
それにより、停電した場合は工夫して別の方法で流さなければなりません。

3つ目は、水圧によって設置ができないことです。
水道管から直接水を引くため水圧を考えた上での設置が重要です。
そのため、事前に水圧を確認するようにしましょう。

4つ目は、価格が高いことです。
価格がタンク付きトイレに比べて高いです。
数万円の差が出る場合もあるので、事前の確認が大切です。

5つ目は、ウォシュレット部分の交換ができないことです。
タンク付きのトイレはウォシュレット部分のみの交換が可能ですが、タンクレストイレはできません。
交換をする際は、全体の交換が必要です。

□タンクレストイレで後悔しないためのポイントについて

タンクレストイレで後悔しないためのポイントについて3つ紹介します。

1つ目は、タンクレスがおすすめの人の特徴です。
まず、デザインにこだわる人や、トイレの限られたスペースをすっきりさせたい人におすすめです。
また、省エネ・節水にこだわる人にもおすすめできます。

2つ目は、手洗いをどうするか考えることです。
手洗い場を作るかが大きな問題です。
家全体の間取りを見て作るか決める必要があります。
狭いトイレ内にも取り付けがしやすい紙巻き器がセットになった壁付けシステムもあるので、検討しておくことが大切です。

3つ目は、故障したときのことを考えておくことです。
タンクレスは、洗浄便座だけの故障であれば、部分的な交換ができます。
万が一のためにも、修理代を調べておくことが大切です。
機種によって在庫がない可能性もあるため、事前の確認が必要です。

□まとめ

タンクレストイレのデメリットと後悔しないための秘訣ついて詳しく解説しました。
タンクレストイレのデメリットとタンクレストイレで後悔しないためのポイントに関してご理解いただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
タンクレストイレの設置を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!