共働きで洗濯物を干す場所でお困りの方へ!よくある悩みと解決策を紹介します!

「部屋干ししたいけど、家の中に十分なスペースが無い」
このようにお悩みの方は多いでしょう。
特に共働きの場合は、日中の急な天気の変化に対応できないため部屋干しをされる方も少なくないと思います。
そこで今回は、共働き家庭の部屋干しに対するよくある悩みやその対策法をご紹介します。

□よくある悩みとは?

部屋干しをされている共働き家庭は、一体どのような悩みを持っているのでしょうか。
ここでは主に3つの悩みをご紹介します。

まず1つ目は、洗濯物が乾きにくいことです。
特に梅雨の季節や寒い冬は、室内だとなかなか乾かないケースがあるでしょう。
そのような時に大切なのは、室内の空気の流れを改善することです。
空気の流れは、人工的に作れます。

例えば、扇風機を使って空気の循環を改善することをおすすめします。
また、洗濯物同士の間隔を5センチほど空けておくと洗濯物が空気に触れ、より乾きやすくなります。

2つ目は、洗濯物のにおいが臭くなることです。
部屋干しだと、洗濯物の生乾きのにおいを感じる場合がありますよね。
この原因は、繁殖した雑菌です。
生乾きのにおいが生じた場合、洗濯物に熱を通すとにおいが改善されることがあります。

まだ濡れている状態で150度以上に設定したアイロンをかけてあげると、菌が繁殖しなくなりにおいがしなくなるでしょう。

3つ目は、干すスペースが無いことです。
日頃から部屋干しをする場合、ある程度洗濯物を干すための場所は作っておくと良いでしょう。
部屋が狭くてなかなか思うように干せない場合は、天井から吊り下げるタイプのラックを設置することで空間を有効活用できます。
さらに、浴室に乾燥機機能を付けることで部屋に干すためのスペースは必要なくなります。

□サンルームについてご紹介!

ここでは、部屋干しするために特化したサンルームについてご紹介します。

まず、サンルームのメリットは外干しと同じような環境で干せることです。
部屋干しだとあまり日光が当たらず乾きにくいですが、サンルームの場合は天気の良い日だと日光が差し込んできます。
さらに、雨の日でも問題なく干せるので天気が急に変化しても安心です。

一方でデメリットとして挙げられるのは、サンルーム内が蒸し暑くなりやすいことです。
特に夏や梅雨の時期だと、湿気が室内にこもりやすく部屋干し特有のにおいの原因となることが考えられます。
この場合、サンルームに除湿機を置くことで対策ができます。

□まとめ

今回は、共働き家庭の部屋干しに対するよくある悩みやその対策法をご紹介しました。
洗濯は日常的に行う家事だからこそ、ストレスフリーな環境を作り出すことが大切です。
皆さんもこの記事を参考に、快適な部屋干しを目指してみませんか。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!