吹き抜けの照明でお悩みの方にリビングやダイニングでの取り付け方を解説します!

マイホーム建築を考えている方の中に、吹き抜けの照明でお悩みの方も多いと思います。
そのような方のために、今回はリビングやダイニングでの照明の取り付け方について詳しく解説します。
マイホーム建築をご検討の方は照明設置を考える際にぜひお役立てください。

□リビングやダイニングでの吹き抜け照明の取り付け方について

*リビングに取り付ける時

落ち着いた印象を演出したい時は張り出し部分の下を照らすようにダウンライトを設置するといいでしょう。
次に、吹き抜けを強調して奥行きのある部屋に見せたい時は、天井ではなく、壁にスポットライトを設置しましょう。

スポットライトは上向きに設置するのをおすすめします。
また、梁(はり)からペンダントライトを吊るすのもいいでしょう。
梁の下も明るく照らせます。

*ダイニングに取り付ける時

吹き抜けは天井が高くなる分、テーブルまで届く光の量が少なくなりがちですが、コードの長いペンダントライトを使うことで、ダイニングを明るく照らせます。
また、他の照明と組み合わせて使うのも良いでしょう。

□吹き抜け照明コーディネートの例について

ここでは吹き抜け照明コーディネートの例を4つ紹介します。
それぞれコンセプトが違いますが、おしゃれな照明コーディネートになっているのでぜひ参考にしてみてください。

1つ目は、独創的なペンダントライトの設置です。
吹き抜けに独創的・印象的なペンダントライトを使用することで、照明がポイントとなって印象的な空間を創り上げられるでしょう。
大きめのライトでも設置できますので、空間の明るさを上げる意味でもおすすめです。

2つ目は、ペンダントライトとスポットライトの組み合わせです。
スポットライトは、暗く感じる場所を狙って照らすことができるので、吹き抜けでよく使われます。
ペンダントライトで明るさを確保して、床などをスポットライトで照らすとバランスの良い明るさになると思います。

3つ目は、シャンデリアで華やかな空間を演出です。
家具のブラックアイアンやアンティーク系のコーディネートにシャンデリアがプラスされると、華やかでエレガントな雰囲気になります。
吹き抜けだからこそ使える、大きくて煌びやかなシャンデリアもおすすめです。

4つ目は、フロアライトの活用です。
ホテルのように、光の向きを調整して点で照明を設置するとおしゃれな空間を実現できます。
簡単に移動もできて、雰囲気や気分を変えられるのでぜひ活用してみてください。

□まとめ

この記事では、リビングやダイニングでの照明の取り付け方と、コーディネートの例を紹介しました。
照明は快適な生活を支える大切なポイントです。
当社はお客様の理想の住宅を実現しますで、ぜひお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!