浴室暖房乾燥機を付けると後悔する?メリットとデメリットを紹介します!

「浴室暖房乾燥機は必要なのかな」
このようにお悩みの方も多いですよね。
浴室暖房乾燥機は便利な面もありますが、面倒なこともあります。
そこで今回は、浴室暖房乾燥機のメリットとデメリットについて分かりやすく解説します。

 

(TOTOホームページより引用)

□浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット

まずは浴室暖房乾燥機のメリットを2つ紹介します。

1つ目は、冬場に浴室をあたためられることです。
冬場のお風呂は寒いと感じている方も多いですよね。
暖房機能を使えば、冬でもあたたかくお風呂に入れます。
ヒートショックのリスクも下げることができますよ。
浴室と脱衣所どちらもあたためることも可能です。

2つ目は、洗濯物を乾かせることです。
浴室暖房乾燥機があれば雨の日でも洗濯物を乾かすことができます。
雨の日にも素早く洗濯物を乾かせるのはとても嬉しいのではないでしょうか。
また、乾燥機をつけておくことでカビの発生も抑えられます。

次にデメリットについて2つ紹介します。

1つ目は、フィルター掃除が面倒なことです。
フィルターは、定期的に掃除する必要があります。
掃除を怠ると、暖房や乾燥の効率が悪くなってしまうのです。

2つ目は電気代、ガス代がかかることです。
浴室暖房乾燥機を使って洗濯物を乾かすには数時間かかります。
1回につき50〜100円程度の電気代、ガソリン代が必要です。

□浴室暖房乾燥機以外の後悔するかもしれない設備

1つ目は食洗機です。
食洗機は、便利ですが必ずしも誰もが使いやすいと感じるものではありません。
食洗機は、こびりついてしまった油汚れなどはどうしても落としきれません。
洗い残しに対して不衛生に感じてしまう方や、きれい好きの方には向いていないかもしれません。

洗い残しが許せるかどうかは食洗機が向いているかどうかの重要なポイントでしょう。
ただし、家事の時間を時短したい方にとってはとても便利な救世主です。

2つ目は、床下収納庫です。
これは、キッチンのフローリングをくりぬきふたをつけてその下を収納にするものです。
床よりも下にあるため、腰に負担がかかります。
そのため、年配の方や腰が弱い方にとっては使いにくい収納になってしまう可能性があります。

□まとめ

今回は、浴室暖房乾燥機についてメリットやデメリットを紹介しました。
浴室暖房乾燥機が向いている人もいれば向いていない人もいます。
この記事を参考に、導入を検討してみてくださいね。
ご不明な点がございましたら当社までご連絡お待ちしてます。

 

⇒お問い合わせはこちらから

 

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!