ウッドデッキはいらない?メリットと後悔した事例を紹介します!

洗濯物を干したり、バーベキューを楽しんだり、子供たちと遊んだり、ウッドデッキは素敵なおうち時間を創出してくれます。
しかし、実際に設置してみると、意外なデメリットが浮かび上がってくることがあります。
今回は、ウッドデッキのメリットと、設置して後悔した事例を紹介します。

 

(LIXILホームページより引用)

□豊かな生活を創出!ウッドデッキを設置するメリットとは?

ウッドデッキの魅力の一つは何といっても、くつろぎのスペースとして使えることです。
日向ぼっこや、食事、読書など気軽にくつろげるスペースとして、日々の疲れを癒やしてくれます。
周囲からの視線を遮断するための対策を適切に行えば、プライベートな時間を手に入れられます。

子供やペットがいる家庭では、ウッドデッキは絶好の遊び場になります。
夏はビニールプールで遊んだり、冬は星空を観賞したり、春や秋は景色を楽しんだり、1年中アウトドアを楽しめます。

器具を設置すれば、洗濯物を干すこともできます。
わざわざ2階に運ばなくても、ウッドデッキなら楽な移動で、効率よく洗濯物を干せます。

□ウッドデッキはいらない?設置して後悔した事例

家を建てた後にイメージと違ったと感じることがよくありますが、これはウッドデッキに関しても同様です。
ウッドデッキを設置して後悔した事例から、自分にとって本当に必要なのか考えましょう。

*移動の妨げになる

家事や仕事の動線上にウッドデッキが設置されていると、どうしても移動の妨げになります。
日常生活をイメージせずに適当に設置してしまうと、移動を不便に感じてしまうため、目的に応じて広さや設置場所を検討しましょう。

*あまり使わなかった

日焼けや虫などが気になり、外に出ず、結局使わずに無駄になってしまった事例です。
実際に、どのような目的で使うのかを明確にしておかないと、想定外の障害に妨げられ、無用の長物になってしまいます。

*腐ってしまった

ウッドデッキは木で作られているので、メンテナンスを丁寧に行わないと、数年で使えなくなってしまいます。
塗装や接合部分の補強など、定期的なメンテナンスは欠かせません。
もしメンテナンスの知識が無ければ、業者に依頼するのが良いでしょう。

□まとめ

明確な目的をもって、正しく設置し、メンテナンスを怠らなければ、ウッドデッキは生活を豊かにしてくれます。
おうち時間が増えた今、その時間を充実させたい方には特におすすめです。
あなたも家を建てるときは、ウッドデッキの設置を検討しませんか。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!