吹き抜けの家をご検討されている方必見!後悔しないためのポイントをご紹介!

吹き抜けのある家をお考えの方はいませんか。
吹き抜けのある家は開放的で憧れますよね。
吹き抜けには見た目だけでなく様々なメリットがありますが、後悔する方もいらっしゃいます。
よって今回は、吹き抜けの家で後悔しないためのポイントを解説します。

□吹き抜けのある家のメリットについて!

吹き抜けは見た目や解放感だけでなく実用的なメリットがたくさんあります。
その中でも嬉しい2つのメリットを見ていきましょう。

*日当たりや風通しが良くなる

吹き抜けのある家は2階の窓から1階に光が差し込むため、家全体が明るくなります。
高い位置から日が差し込むことで、部屋の隅々まで光が行き渡るでしょう。

また吹き抜けのある家は風通しも良いです。
低い窓から高い窓へ風の通り道ができることで、部屋全体の空気を自然に換気してくれます。
シーリングファンと呼ばれる天井に直接つけるファンと併用することで、さらに部屋の換気を促し快適に過ごせるでしょう。

*家族とのコミュニケーションが増える

吹き抜けにすると1階と2階のスペースを見渡せるため、家族との距離感も近づきコミュニケーションが取りやすくなります。
またお子さんがいる場合は2階吹き抜けの廊下に勉強机を設置することで勉強スペースとしても活用できるでしょう。
吹き抜けのある家は家族間の距離が縮まりコミュニケーションが取りやすくなるだけでなく、子どもの成長にとっても良い環境
になります。

□吹き抜けで後悔しないコツとは?

吹き抜けはたくさんのメリットがありますが、後悔するポイントもあります。
よくある失敗例とその解決策を2つ紹介します。

1つ目はエアコンの性能です。
吹き抜けはリビングの空間が広くなるため、エアコンの性能によっては部屋の一部分しか効果が発揮できない場合があります。
対策方法は、シーリングファンを設置することです。
シーリングファンは上の暖かい空気と下の冷たい空気を循環させ、室温を一定に保つ効果があります。

2つ目は冬の寒さ対策です。

吹き抜けは暖かい空気が逃げやすいという特徴があり、寒い地域に住んでいる方は特に寒さ対策が重要になります。
対策方法は、断熱性や気密性の高い住宅にすることです。
高断熱、高気密の家は寒さを和らげるだけでなく、防音効果もあるため快適に過ごせます。
また、エアコンだけでなく直接人をあたためられる暖房器具を準備するのも良いでしょう。

□まとめ

今回は吹き抜けの家で後悔しないためのポイントを解説しました。
吹き抜けにはたくさんのメリットがありますが、後悔するポイントもいくつかあるため十分に対策を行いましょう。
吹き抜けについてわからないことがありましたら、ぜひ当社にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!