注文住宅をお考えの方へ!2階にお風呂を設置するメリットとデメリットをご紹介!

「お風呂を2階に設置したい」
「お風呂を2階に設置するとどんな欠点があるのかなぁ」
そんな皆さんのお悩みにお応えしましょう。

今回は2階にお風呂を設置するメリットとデメリットについてご紹介します。
ぜひ最後までご覧下さい。

Unicode

□2階にお風呂を設置するメリットとは?

こちらではメリットとなるポイントを3点挙げます。

1つ目に1階を広々と使えることで、生活感が出にくいことです。
お客さんを出迎えたとき、玄関から奥の間取りが丸見えで恥ずかしかった経験はありませんか。
仮に来客時でも家族が特に気を遣わず安心してお風呂に入れ、生活感を出さない工夫ができるのは大きな利点と言えます。

2つ目に家事動線の効率化です。
1階に干し竿を設置したい方は風呂は一階でいいかもしれませんが、2階にバルコニーやベランダがある方がほとんどの家にあるかと思われます。
そこで風呂が2階にあれば、洗濯機を隣接させて回すことができ、そのまま階段の上り下りを省いてベランダで衣類を干すことが可能です。

3つ目に浸水時の被害の少なさです。
最近は田舎での大雨や土砂崩れに限らず、都市部でもゲリラ豪雨や洪水の被害はたびたび見られるようになりました。
1階に風呂があると排水処理や設備の復旧に時間がかかってしまう可能性があります。
仮に停電が起こり、復旧した際に2階の風呂はすぐ使えるため、メリットと言えるのではないでしょうか。

□2階にお風呂を設置するデメリットとは?

こちらでは主に3つのデメリットをご紹介します。

1点目は入浴する際に家庭内騒音が出てしまうことです。
シャワーの音や蛇口の音が1階の寝室に響いてしまう可能性は否定できません。
防音床の設置や間取りの工夫に注意する必要があります。

2点目は水圧が弱くなることです。
特にオール電化の家の場合、給湯機を1階に設置するため必然的に水圧は弱まってしまいます。
あらかじめ値段は割高になりますが、太い配管を設置すると同時に高圧給湯器を買うようにしましょう。

3点目は幼いお子様がいる場合やご夫婦が高齢となった際のリスクです。
1階にキッチンやリビングを設置する場合、2階に浴室があると不便さを感じるだけでなく、もしものことがあったら大きなケガに繋がることもあります。
将来的なライフスタイルも考え、検討しましょう。

□まとめ

今回は2階にお風呂を設置するメリットとデメリットについてご紹介しました。
2階のお風呂の設置に関する情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

当社はお風呂の設置だけでなく、浴室のリフォーム、さらには内装全体のリフォームも承っております。
何かご相談がありましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!