新築にネイビーの家をお考えの方へ!メリットや注意点を解説します!

マイホームを建てようと思うと、外壁の色に迷うことがありますよね。
外壁の色は、家の外観の印象を大きく左右します。
せっかく自分の家を持つなら、何年たっても素敵だと思える、後悔ない選び方をしたいものです。
今回は、その中でもネイビーの外壁について、メリットと注意点をお伝えします。

□ネイビーの外壁のメリットは?

まず、ネイビーの外壁のメリットをいくつか紹介します。

外壁にネイビーを選ぶといいところの1つは、落ち着いた印象になることです。
色のトーンが低くても重すぎることなく、さわやかな仕上がりになります。
誰からも好かれやすい好印象な色なので、ご近所の目を気にする必要もありません。

加えて、青い色には副交感神経を優位にし、心身を落ち着けてリラックスさせる効果があります。
外観から安らぎや安心感を与えてくれる家は魅力的ですね。

さらに、ネイビーは好みに合わせてイメージを変えられます。
一口にネイビーといっても、黒に近い濃紺色ですと大人っぽい印象に、紫がかったロイヤルブルーではかわいい印象に、コバルトブルーにすれば明るい印象になるなど種類がたくさんあります。

紫外線に強いことも、ネイビーを外壁に選ぶ大きなメリットです。
外壁の見た目に大きく影響する色褪せや変色を引き起こす一番の原因は、紫外線です。
青系の色は紫外線を反射するので、色褪せや変色が起こりにくくなります。
せっかくなら、色褪せしにくい色を選びたいですよね。

□外壁にネイビーを選ぶ際の注意点は?

続いては、外壁にネイビーを選ぶ際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、ネイビーは色褪せや砂ぼこりが目立ちやすいことです。
先述した通り、ネイビーは紫外線に強いため色褪せしにくい一方、濃い色は色褪せした場合に目立ちやすいという特徴があります。
砂ぼこりによる汚れも目立ちやすくなります。

汚れに強い塗料や耐用年数の長い塗料を使用することをおすすめします。

2つ目の注意点は、つやが目立ちすぎてしまうことがあることです。
ネイビーの外壁は、表面のつやが目立ってしまうケースがあります。
黒に近い色は光の反射が目立つため、てかてかしているように見えてしまいます。
そのために、ネイビーの落ち着いた色とイメージが合わないように見えてしまう場合があります。

マットな風合に仕上げたいなら、つや消しを選びましょう。

□まとめ

今回は、ネイビーの外壁の家を検討されている方向けに、外壁にネイビーを選ぶメリットと注意点を紹介しました。
お気に入りの外観の家は、家を出る時も家に帰る時も、誰かを呼んだ時も、ハッピーな気持ちにしてくれますよね。
外壁を選ぶ際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!