注文住宅をお考えの方へ!ベランダがない家に住むとどうなる?

「マイホームを建てたいけれど、どのような家がいいのか分からない」
このようにお考えの方は多いと思います。
今回は、ベランダがない家のメリット・デメリット、どのような人におすすめかが分かるような内容になっております。
ベランダのない家に興味がある方は是非参考にしてくださいね。

□ベランダなしの家に住むメリットとデメリットは?

まず、ベランダのない家に住むメリットを2つ紹介します。

1つ目は、価格が下がる可能性があることです。
追加の柱が必要なくなったり、ベランダまで屋根を増やさなくてよかったり、ベランダ分の素材がいらなかったりすると、価格が変わります。
ベランダをなくすことで浮くお金を別の価値あることに使えたら有意義ですよね。

2つ目は、ベランダの掃除が必要ないことです。
ベランダは、掃除をしないと汚れます。
葉っぱや虫、雨の水垢、土埃、洗濯物から落ちた髪の毛など、様々な要因で汚れるため掃除が必要です。
しかし、2階のベランダでの掃除は難しい場合が多いです。
ベランダなしなら当然掃除はしなくて済みます。

以上がベランダのない家に住むメリットです。
続いては、デメリットを3つ紹介します。

1つ目は、洗濯物の干し場に困ることです。
これが一番ネックといえますね。
ベランダ以外で洗濯物を干すとなると、庭で干す場合は広い土地が必要になりますし、サンルームをわざわざ作ることになるならわざわざベランダをなくす必要はあるかという話になります。

2つ目は、ベランダを使った楽しみ方ができないことです。
たとえば、ベランダでコーヒーを飲んだり、植物を育てたり、星空を見たりなどということはできなくなります。

3つ目は、洗濯物の防犯上の問題です。
1階で干していれば盗難の危険があります。
特にオープン外構の家、洗濯物が丸見えになってしまう場所には注意が必要です。

□ご自身に合った選択が大切です!

ベランダが必要かどうかは、住宅の間取りや住人のライフスタイルによって違います。
たとえば、家族が多くて洗濯物の量が多い家庭や、室内に洗濯物を干すスペースがない場合、気軽に息抜きできる場所が欲しいと考えている方にはベランダのある住宅がおすすめです。

一方、花粉や黄砂などが付着するため年中室内干しにする方、庭やサンルームを設置予定の住宅であればベランダをなくすという選択も可能です。

□まとめ

ご自身がベランダを付けるか否か、おのずと答えが見つかったのではないでしょうか。
マイホームを購入する際は、この記事で紹介したメリット・デメリット、ご自分の住宅の間取りやライフスタイルを踏まえ、ご家族と相談してベランダを付けるか検討してみてくださいね。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!