窓の少ない家に住むとどうなる?新築をお考えの方は必見です!

「窓の少ない家のメリットとデメリットを知りたい。」
「家で窓を設置するときに大切なことは何だろう。」
家の窓について、このようにお悩みの方は多いですよね。
この記事では、窓が少ない家のメリットとデメリット、家の窓で大切なことについて詳しく紹介します。
窓についてお悩みの方はぜひご参考にしてください。

□窓が少ない家のメリットとデメリットとは

窓が少ない家に住むとどのような影響があるのか知りたいですよね。
ここでは家の窓を少なくすることで得られるメリットやデメリットについて紹介します。

*窓が少ない家のメリットとは

1つ目は、家の外見をかっこよくできることです。
家をシンプルでモダンにするためには、家の窓を少なくすることでスタイリッシュにできます。

2つ目は、コストが下がり、断熱性が上がることです。
外壁を部分的に窓にすることはどうしてもコストがかかってしまいます。
そのため、窓を少なくすることはコスト削減に繋がります。

また、窓より外壁の方が、断熱性能が高いです。
種類によっては高性能な窓もありますが、それでもやはり外壁の方が窓よりも断熱性能に優れています。

*窓が少ない家のデメリットとは

1つ目は、日光を取り入れられないことです。
窓が少なければその分太陽光を取り入れられません。
ただし、部屋の使い方によってはそもそも太陽光が必要ない部屋もあります。
その部屋でどのように過ごすかによって、窓が必要かを決めましょう。

2つ目は換気がしにくくなることです。
当然ですが、窓がないということはその分風も通らなくなります。
窓以外にも換気をする方法はありますが、窓を開けたときに風が入ってくる気持ちよさは格別ですよね。

□家の窓で大切なこと

大切なことは、窓の役割を把握した上で配置に気をつけることです。
窓の役割としては、太陽光や風を取り入れる、寒いときに太陽光によって部屋を暖かくする、外と家のつなぎになることで、家を開放的な空間にする、などです。

これらの役割を知った上で、住宅にバランス良く窓を配置することが大切です。
そのため、自分の生活スタイルや住宅の立地条件を考えた上で、しっかりと適材適所に窓を配置しましょう。

□まとめ

窓が少ない家のメリットとデメリット、家の窓で大切なことを解説しました。
窓の少ない家には外見がかっこよくなることや、断熱性が高まり、コストが下がるというメリットがあります。
また、太陽光や風が取り入れられないというデメリットもあります。
窓の役割を把握した上で、バランス良く配置しましょう。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!