注文住宅でよくあるキッチンの失敗例とは?使いやすくするためのポイントも紹介!

「注文住宅に使いやすいキッチンを作りたい」
「使いやすいキッチンにするためのポイントを教えてほしい」
注文住宅の購入を検討されている方の中には、キッチンにも自分のこだわりを詰め込みたいという方も多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅におけるキッチンの失敗例と使いやすくするためのポイントをご紹介します。

 

□よくあるキッチンの失敗例

注文住宅におけるキッチンの失敗例にはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、3つの失敗例についてご紹介します。

*収納スペースに困る

1つ目は収納スペースに困ることです。
キッチンには料理に使用するための調理器具を収納しておきたいですよね。
そのため、収納スペースはできるだけ広く確保しておきましょう。

収納場所を増やす工夫としては、キッチン内部だけでなく壁側にも収納スペースも設けておくことが挙げられます。
調理器具や食器の種類が多い方は、清潔なキッチンを保つためにも広い収納スペースを確保しておきましょう。

*コンセントの場所が悪い

2つ目はコンセントの場所が悪いことです。
キッチンでは、コンセントを必要とする調理家電を使う方も多いでしょう。
注文住宅の場合、使いづらい場所にコンセントを設置してしまったり、線が届かなかったりといった失敗が多いです。
そのため、コンセントを設置する際にはどの調理家電をどのタイミングで使うのかというイメージを明確にしておきましょう。

*予算を削りすぎた

3つ目は、予算を削りすぎることです。
注文住宅のキッチンではオプションが多い分、値段が高くなりやすいです。
そのため、全体的な値段を考慮して、できるだけ予算を抑えたいという方も多いでしょう。

予算を抑えるのは良いことですが、そこにこだわりすぎてしまうと結果的に使いにくくなってしまうというケースも多いです。
そのため、注文住宅を購入される方は機能性を重視したキッチンに仕上げましょう。

□使いやすいキッチンのポイント

続いて、使いやすいキッチンのポイントについてご紹介します。
使いやすいキッチンにするためには、キッチンの高さが重要です。
自分の身長に合った高さにしないと、不便なキッチンになってしまい身体にも負担がかかります。
高さの目安としては85センチメートルが標準的だと言われていますが、そこはキッチンで作業する方の身長に合わせて作りましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅におけるキッチンの失敗例と使いやすくするためのポイントについてご紹介しました。
注文住宅の中でもキッチンで失敗される方は多いです。
この記事を参考に使いやすいキッチンを目指してください。
専門家の意見を聞きたいという方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!