注文住宅をお考えの方のみなさまへ!家事動線についてくわしくご紹介!

主婦の方の多くは、家事の負担を軽減したいとお考えでしょう。
家事は、家の中を動き回ることを意味するため、相当な体力が必要です。

そんなお悩みは、家事動線を見直すことで改善されることはご存じですか。
今回は、注文住宅の建設を検討中の主婦の方々へ家事の負担を減らせる間取りを伝授いたします。

□家事がラクになる間取りとは

家事の負担をなくすためには、動く距離を減らすということが大切です。
そこで、無駄な動きを省き、最短最小距離で動けるような間取りを目指しましょう。

この間取りを考える際は、適所適材を心掛けましょう。
例えば、家事をする移動の道中に収納があるとよいでしょう。
このような間取りは、家事の時間もストレスも軽減させます。

そして、誰もが家事を行いやすいようにするということも心掛けましょう。
近年では、家事代行サービスの利用も珍しくはありません。
そして、そのようなサービスを利用すると生活のストレスはより軽減されるでしょう。

このサービスを積極的に利用するのも、おすすめです。
その際に、この代行業者が効率よく作業を行えるように、誰もが家事を行いやすい間取りにしておきましょう。

□家事動線を考えるときに意識する4つのこととは

1つ目は、無駄のない生活動線を作り上げることです。
家の中の経路の無駄を無くすために、その移動にかかる時間に注目します。

家事でよく使うであろうルートを確認しましょう。
各部屋へのルートが何パターンかできることで人の往来がスムーズになります。
スムーズに移動ができるような間取りをつくり、移動時間を省きましょう。

2つ目は、キッチンをコンパクトにするということです。
キッチンを広くしたいという方も多いでしょう。
しかし、キッチン動線が長いと、冷蔵庫からコンロまでの行き来に数秒かかります。
調理の手順を考えて、使いやすい間取りにしましょう。

加えて、コンセントの数と配置にも注意が必要です。
キッチンは電化製品が多い為、コンセントを使う頻度が多いです。
使うときに足りなかったり、届かなかったりしてしまうと、家事が止まってしまいます。
配線計画は、入念にしましょう。

ここで、もう1つキッチンに関するアドバイスです。
キッチンと玄関の距離は、買い物帰りを想定した上で短くすることをおすすめします。

3つ目は、掃除を想定した間取りです。
ものを使う場所とその収納場所は、近くにしましょう。
大切なことは、収納の量よりも位置と出し入れのしやすさです。

4つ目は、洗濯のプロセスに配慮した間取りです。
「洗う→干す→たたむ→しまう」というプロセスで使う場所を、近くにしましょう。
洗濯機、物干し竿、収納スペースを集約させると良いでしょう。

□まとめ

主婦の皆さんが感じる家事の負担は、間取りを変えるだけで軽減します。
注文住宅を検討中の方は、日々の生活を明るくするために、本記事で紹介したことを取り入れてみてください。
注文住宅の間取りに関して、何か不安なことがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!