注文住宅をお考えのみなさまへ!エアコンの配置についてご紹介!

皆様、住宅に必須な家電として何を挙げられるでしょう。
冷蔵庫、電子レンジ、エアコンなど様々なものがあると思います。

今回は、エアコンについて取り上げます。
注文住宅を建てる際に、どのようにエアコンを配置するべきなのかお困りではないですか。
本記事では、エアコンの配置のノウハウをお伝えいたします。

□空調設備の種類とは

空調設備は大きく分けて、全館空調やルームエアコン、床暖房の3つの種類があります。
以下で、それぞれの魅力をお伝えいたします。

まず、全館空調についてです。
全館空調とは、一台の空調機で家中の温度を調整するものです。

全館空調の利点として、家の中全体が均一な温度となることが挙げられます。
部屋を移動しても温度差を感じることがなく、体への負担も少ないでしょう。
特に、空気が漏れにくいお家には最適です。

次に、ルームエアコンです。
ルームエアコンは、各部屋の天井付近の壁に取り付ける一般的なタイプと天井や壁に埋め込むタイプがあります。
各部屋に1つ必要な為、設置費用は大きくなりますが、室温を操作しやすいでしょう。

最後に、床暖房です。
床暖房は、床を温めることで暖房の機能を果たします。
床暖房には温水式と電気式の二種類があり、温水式は温水を床下のシステムで循環させて床を温めるもので、電気式は床下に設置されたヒーターで床を温めるものです。

主に、暖房としての役割を持つため、ストーブやファンヒーターの代わりとして使用していただけます。

注文住宅を建てる際には、この3つの種類の空調からお好みのものを選んでください。

□エアコンを設置する際の3つの注意点とは

ここまで、ルームエアコンについてご紹介しました。
このルームエアコンを取り付ける際に、注意が必要なことを以下でご紹介いたします。

1つ目は、室外機は見えない所に設置することです。

室外機が家の正面にあると悪目立ちをしてしまいます。
一度設置してしまうと変更が難しくなるため、エアコンの設置場所は事前に打ち合わせが必要でしょう。

2つ目は、エアコンの穴を開ける時は、筋交い部分を避けることです。

筋交いは、壁の耐震性を上げるために、筋が十の字になっている部分を意味します。
壁の内部の筋の多くは、筋交いとなっています。

エアコンを設置する際に壁に穴を開けますが、筋交いは避けましょう。
どうしても穴を開ける必要がある場合は、筋交いを外すことも可能です。

注文住宅でエアコンを設置する場合は、この知識を忘れないでください。
家電業者さんはこのような構造を知らない方が多いため、図面を確認をするなどの注意が必要です。

3つ目は、カーテンのデザインに注意することです。

端が長いカーテンレールや装飾性の強いカーテンレールは、エアコンに干渉してしまいます。
エアコン周りのカーテンは、このようなものを避けましょう。

□まとめ

注文住宅を建てる際は、今回紹介した3つの空調からお好みのものをお選びいただけます。
ぜひ、ご自分の好みに合うものをお選びください。

空調についてお困りのことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!