注文住宅をお考えの方へ!子供部屋を作るポイントを解説します!

注文住宅を建てる際に子供部屋を設けようとお考えの方、少しお待ちください。
子供部屋をよく考えずに設けると、後で後悔するかもしれません。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、子供部屋を作るポイントを解説します。
ぜひ注文住宅を検討する際の参考にしてください。

□子ども部屋を設ける際の失敗例とその対策とは

まずは子ども部屋で失敗しないために、失敗例とその対策について3つご紹介します。

1つ目の失敗例は、部屋が狭くて物が入らないことです。
子ども部屋は、子どもの成長とともに部活用品などの物が増えるため、部屋が狭いと物が入らないといった問題が起こります。

対策としては、子ども部屋と同時に家族全体での共有収納を設けることが挙げられます。
大きな物は共有収納にしまうことで、子ども部屋の物置化を防げます。

2つ目の失敗例は、せっかく作ったのに使わないことです。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭は、遊ぶ時間には親の目が届くリビングにいて、寝るだけの部屋になってしまう可能性があります。
さらに、進路によっては一人暮らしをすることになり、結局子ども部屋を使わないといったこともあるでしょう。

対策としては、子供部屋以外の用途を考えておくことです。
室内干し用の部屋や書斎などの別の用途を考えておくことがおすすめです。

3つ目は、子ども部屋が隣同士で、音漏れによるケンカをすることです。
幼少期はまだ良いのですが、成長して音楽や動画を楽しむようになると、部屋からの音漏れで子どもがケンカをするケースがよくあります。

対策としては、子供部屋の間に収納スペースを設けることで、音が聞こえにくくすることが挙げられます。

□子供部屋におすすめの造り付けのクローゼットとロフトとは

まずは造り付けのクローゼットについて解説します。
これは地震で倒れる心配がないことが最大の利点で、取り出しやすく、しまいやすいため、片付けの習慣付けにも最適です。
服をかける位置は、成長とともに変更できるようにすると良いですね。

次にロフトについて解説します。
勉強部屋や寝床としても人気のロフトですが、小さなお子様がいらっしゃるご家庭は安全面を考慮して、階段を外しておくと良いでしょう。
お子様が成長されてから利用できるようにすると良いですね。

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方へ、子供部屋を作るポイントを解説しました。
子供部屋を設ける際には、上記のことをよく考えた上で設けるようにしましょう。
他にも子供部屋に関して疑問があれば、ぜひ一度当社までご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!