全館空調とは?注文住宅をお考えの方に向けて解説します!

皆さん全館空調という設備をご存じですか。
言葉だけ聞いたことがあるけど、実際にどんなものか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
今回は全館空調について詳しく解説します。
注文住宅をお考えの方は、ぜひお役立てください。

□全館空調とは

全館空調とは、家の中に1台の大型の空調設備を導入して、冷暖房や換気といった空調管理を一括で行うシステムのことです。


もともとはオフィスなどでよく導入されていましたが、最近では一般家庭にも需要が高まりつつあります。

全館空調の家を建てるポイントは、断熱性と気密性の良い住宅を建てることです。
全館空調のメリットを最大限生かすには、この点を意識しましょう。

□全館空調のメリットとは

全館空調にはさまざまな魅力があります。
ここでは4点のメリットについて詳しく解説します。

1点目は室温のバリアフリー化が実現できることです。
室温のバリアフリー化とは、各部屋の室温だけでなく、玄関から廊下、トイレに至るまですべての空間が快適な温熱環境にあることを意味します。
家中のあらゆる箇所での温度差がなくなると、急激な温度変化によって発生するヒートショックや熱中症によるリスクを大幅に軽減できることが期待できます。

2点目はすっきりとした空間が実現できることです。
エアコンを設置すると、意外と壁や天井の空間を使いませんか。
全館空調が実現すると、各部屋にエアコンを置く必要がなくなるため、すっきり広々とした空間が実現できます。
また、室外機を複数設置しなくても良いので、家の外観もスマートになることでしょう。

3点目は間取りの自由度が向上することです。
各部屋でエアコンを使用する際は、冷暖房効率を上げるため、ドアや仕切りを用いることがありますが、全館空調の場合はそれらが必要ありません。
その分、間取りの自由度が上がるので、例えば大きな吹き抜けのある開放感あふれる空間ができるでしょう。

4点目は管理やメンテナンスがしやすいことです。
全館空調は1台のシステムで管理できるため、わざわざ各部屋に行って温度調節をする必要がありません。
また、フィルター掃除などのメンテナンスをする手間も省けるので、生活が楽になるでしょう。

□まとめ

この記事では全館空調について詳しく解説しました。
全館空調は室温をバリアフリー化できるという点が特に魅力的ではないでしょうか。
注文住宅をお考えの方は、この記事を参考にして、全館空調の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!