注文住宅で階段をお考えの方へ!選び方をご紹介します!

 

注文住宅で、リビング階段にしようか、玄関ホール階段にしようか、お悩みの方はいらっしゃいませんか。
昔は玄関ホール階段が主流でしたが、最近ではリビング階段の人気が高まってきています。
今回は両者の特徴を示すとともに、メリットを解説します。
ぜひお役立てください。

□リビング階段と玄関ホール階段とは

どちらにしようか悩んでいる方は、それぞれの特徴についてよく理解しておきましょう。
ここでは両者の特徴と違い、そして気を付けておくポイントについてご紹介します。

リビング階段とは、リビングに階段を設けるスタイルのことです。
階段をリビングに設置すると、自然とリビングに家族が集まるようになります。
しかし、来客を部屋に招く際には、リビングを通ることになるので、リビングでくつろいでいる姿を見られる可能性もあります。
また、階段がそのまま2階の廊下につながっているため、断熱性や気密性、防音性を考えておく必要があるでしょう。

玄関ホール階段は、玄関に階段を設けるスタイルのことです。
家に帰ってすぐに2階の自分の部屋に入れる一方で、家族と顔を合わせる機会が減ってしまいがちになります。
そのため、部屋の割り振りを工夫して、家族とのコミュニケーションが取りやすい間取りにすることが必要になるでしょう。

□それぞれのメリットを解説します!

*リビング階段のメリット

リビング階段はその構造から、家族が帰宅してから2階の自分の部屋に行くまでに、必ずリビングを通ります。
外出時も同様に、必ずリビングを通る必要があります。
そのため、リビングにいる家族と顔を合わせる機会が増えることで、自然とコミュニケーションを取りやすくなるというメリットがあります。
家族の団らんを大事にしたい方には、リビング階段がおすすめです。

*玄関ホール階段のメリット

玄関ホール階段は、2階とリビングが直接的につながっていないため、それぞれの生活音が聞こえにくいことがメリットです。
特に最近では在宅の仕事が多くなりつつあるので、些細な生活音が気になって作業に集中できないという方もいらっしゃるでしょう。
そういった方には、自分のプライベートな空間を確保できる玄関ホール階段がおすすめです。

□まとめ

今回は注文住宅をお考えの方に向けて、リビング階段と玄関ホール階段について解説しました。
この記事での解説を参考にして、皆さんのライフスタイルに合った階段を設置してみてください。
注文住宅に関してお困りの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!