注文住宅をご検討中の方へ!ガレージハウスのメリットとデメリットをご紹介!

注文住宅をご検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、ガレージハウスです。
ガレージハウスを作ることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、ガレージハウスのメリットをデメリットと合わせてご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□ガレージハウスのメリットとは?

ここでは、住まいにガレージハウスを取り入れることのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、所有している車を守れる点です。
屋根だけしかついていないカーポートや青空駐車場では、雨風を十分に防げません。

他方ガレージハウスの場合、横殴りのような強い雨風でも十分に防げます。
さらに、雨風だけでなく、強い紫外線や飛来物、動物による傷なども防げるため、大切な愛車をしっかり守れるでしょう。
また、防犯の面でも安心感抜群です。

2つ目は、乗り降りや荷物の出し入れが楽になる点です。
建物内にガレージを組み込めば、住居スペースと車の距離が物理的に近くなります。
そのため、普通の駐車場やカーポートを設置した場合と比べて乗り降りや荷物の出し入れが楽になります。
特に天気の悪い日には、よりいっそう便利さを感じられるでしょう。

3つ目は、固定資産税が安くなる点です。
同じ延べ床面積であれば、ビルトインガレージを取り入れた住まいの方が、取り入れていない住まいよりも固定資産税が安くなる場合があります。
プランニングの段階できちんと計算すれば、家の大きさに対する固定資産税が割安になるメリットがあるのです。

□ガレージハウスのデメリットを紹介!

ここまで、メリットをいくつか挙げてきました。
ガレージハウスにはたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットもいくつかあります。
ここでは、そのデメリットを2つご紹介します。

1つ目は、居住スペースが限られる点です。
1階にガレージを組み込むと、1階部分のうちのかなりのスペースが削られてしまいます。

2つ目は、排気ガスやニオイが室内に侵入してしまう点です。
住宅の中に車があるため、排気ガスやニオイが1階から家の中に侵入してきてしまう場合があります。
排気ガスやニオイを気にする方には、おすすめできないかもしれません。

□まとめ

この記事では、ガレージハウスのメリットとデメリットをそれぞれご紹介しました。
メリットとデメリットの両方を理解した上で、納得のいく家づくりを実現しましょう。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!