注文住宅をお考えの方必見!無垢フローリングのメリットとは?

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、無垢材を使ったフローリングです。
オシャレで機能性の高い床にしたい方にはぴったりだと言えます。
では、無垢材を使ったフローリングにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、無垢フローリングの特徴と住まいに取り入れるメリットをご紹介します。

□無垢フローリングの特徴とは?

無垢フローリングとは一体どのようなフローリングのことを指すのでしょうか。
そもそもフローリングは大きく2つの種類に分けられます。
複合フローリングと無垢フローリングです。

まず複合フローリングですが、薄くスライスした複数の木の板を接着剤で貼り合わせて作った床材を指します。
品質のばらつきが無く、安価で大量に生産できるため価格が安いといった特徴が挙げられます。

他方無垢フローリングは、一本の木から切り出し、フローリングとして製材した床材を指します。
複合フローリングと違い、木特有の感触や見た目が特徴的です。

□無垢フローリングのメリットを紹介!

無垢フローリングには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、無垢材を使ったフローリングを住まいに取り入れることのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、温かみのある木の質感を感じられる点です。
フローリングに無垢材を使用すれば、無垢材にしか出すことのできない温かみのある質感を出せます。
1枚1枚微妙に異なる色や木目が、部屋全体に落ち着いた印象を与えてくれるでしょう。

2つ目は、調湿作用を活用できる点です。
調湿作用とは、部屋の湿度が高いときには湿気を吸収し、湿度が低いときには水分を放出する作用のことです。
この作用によって、湿度が高い場合はジメジメとした不快感が和らぎ、湿度が低い場合は部屋の乾燥が軽減されます。

3つ目は、心地よい温度を保ってくれる点です。
無垢フローリングを取り入れれば、その特徴から冬場でも足下の冷たさを感じません。
そのため、1年を通して足下に心地よさを感じながら生活できるでしょう。
同じフローリングでもウレタン塗装を施したものだと、木本来の温かさが失われてしまいます。

□まとめ

無垢フローリングの特徴と住まいに取り入れるメリットをご紹介しました。
住まいに無垢フローリングを取り入れることにはさまざまなメリットがありましたね。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!