注文住宅で内装のデザインにお悩みの方へ!専門家がポイントをご説明します!

「せっかく注文住宅にするなら内装をオシャレにしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
どのようなポイントに注意すればオシャレな内装を実現できるのでしょうか。
この記事では、家づくりで気になる内装について詳しく解説します。

 

□家づくりで気になる内装とは?

住まいを建てる際、必ずと言って良いほど内装という言葉を耳にするでしょう。
では、家づくりで内装と言うとき、どの範囲まで含まれるのでしょうか。

一般的には、家の中の壁、床、天井、間仕切り、ドアなどの建具、住宅設備など一式を指します。
つまり、構造や基礎、屋根以外の部分はほとんどが内装に含まれるのです。

たとえば、ドアの色を考える場合や収納の大きさを考える場合、キッチンの種類やレイアウトを考える場合、子供部屋の仕切りを考える場合、インテリアを考える場合などでは、内装を考えることになります。
一言に内装と言っても範囲が広いことが分かりましたよね。
プランナーと打ち合わせをする際やインターネットで情報を収集する際には、内装のうちのどのカテゴリーについて考えているのかを意識すると良いでしょう。

□注文住宅の内装をオシャレに見せるためのポイントを紹介!

注文住宅をお考えの方の中で、内装をオシャレにしたいと考えている方は少なくないでしょう。
では、どのようなポイントに気をつければオシャレになるのでしょうか。
ここでは、そのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、全体のコンセプトを統一することです。
内装をオシャレに見せるコツとして、全体として統一感を持たせることが挙げられます。
統一感を持たせるためには、はじめにデザインのテイストを決め、それから壁紙や床材、インテリアを選ぶと良いでしょう。

2つ目は、素材の質感にこだわることです。
内装を考えるときに意外と重要なのが、使用する素材の質感です。
色の選択も重要ですが、素材の質感によって全体の印象は大きく変わります。
ショールームに足を運ぶなどして素材のサンプルをチェックしてみると良いでしょう。

3つ目は、光を上手く使うことです。
オシャレな空間では、光を上手く利用しているケースがほとんどです。
光の当て方次第で部屋の雰囲気は大きく変わるものです。
実際にライトをつけた際の雰囲気をイメージしながら内装を考えると良いでしょう。

□まとめ

今回は、家づくりで気になる内装について詳しく解説しました。
おしゃれな内装づくりには、全体の統一感、素材の質感、光の使い方がポイントでしたね。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!