高気密かつ高断熱な家のメリットとは?注文住宅をお考えの方に向けてご説明します!

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、住まいの断熱性です。
高気密かつ高断熱の家には、どのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、高気密・高断熱の家の特徴とそのメリットをご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□高気密かつ高断熱の家の特徴とは?

*高気密の家の特徴

高気密の家とは、端的に言うと隙間を減らした家のことです。
築年数の古い住まいでは、扉や窓のまわり、床と壁の間、コンセント周辺などにわずかな隙間が存在します。
その小さな隙間から、冬には冷たい空気が、夏には暑い空気が室内に入り込んできます。

他方高気密の家では、気密性の高いドアや窓を使って、できる限り隙間ができないように設計されます。
そのため、外気が室内に侵入しにくくなるとともに、室内の空気が室外に逃げにくくもなります。

*高断熱の家の特徴とは

高断熱の家とは、端的に言うと室内と室外で熱を伝えにくい家のことです。
断熱性能が低い住まいでは、室外の寒さや暑さが窓や壁を通して室内に伝わってきます。

他方高断熱の家では、断熱性能の高い窓を取り入れたり、壁に断熱材を入れたりして外気の熱を室内に伝えにくくします。
具体的には、夏場は暑さを軽減し、冬場は室内の暖かい空気を外に逃げにくくするのです。

□高気密かつ高断熱の家のメリットを紹介!

高気密・高断熱の家には、さまざまなメリットがあります。
ここでは、そんなメリットを3つご紹介します。

1つ目は、1年を通して快適な暮らしができる点です。
高気密で高断熱の家では、室外の寒さや暑さの影響を受けにくくなります。
これによって冷暖房効率が高まり、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
そのため、季節にかかわらず、年間を通して快適に過ごせるでしょう。

2つ目は、冷暖房にかかるコストが節約できる点です。
室外の空気が室内に侵入しにくくなり、さらに室内の空気が室外に漏れにくくなるため、冷暖房効率が高まります。
その結果、冷暖房にかかる光熱費が節約できるのです。

3つ目は、結露が生じにくくなる点です。
断熱性能が高い住まいでは、換気している限り結露の発生確率がかなり低くなります。
結露が気になる方は、一度高断熱の住宅を検討してみても良いかもしれませんね。

□まとめ

今回は、高気密・高断熱の家の特徴とそのメリットをご紹介しました。
1年中快適に過ごせることや冷暖房費が節約できること、結露が発生しにくいメリットがあるとわかりましたね。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!