豊橋市 新築 自然素材と地下住宅 / こんなに違う自然素材住宅

こんにちは、豊橋市自然素材住宅と地下空間住宅を作っている

ナナハウスの中島です。いつもご拝見いただきありがとうござい

ます。

 

コロナウィルスも下げ止まりが続く中、震度6強の地震とまだまだ

試練が試されているような日本。ここはこの試練を教訓となれるよ

うに国民全員が力を合わせ頑張らないといけない!と思う中島です。

 

さて最近、いろんな所から『ナナハウスの家について聞きたい!』

というお問合せが多く入ってきております。誠にありがとうござい

ます。その中でも無垢材と漆喰についてのご相談が多いですね。

 

質問例を挙げますと・・・

「漆喰って本当にいいんですか?」

「ウィルスに強く抗菌作用があるとか?ない?とか、どう?」

「洗濯物が早く乾くって聞くけど、本当?」

などなど・・・他にも様々ございますが、こんな質問が多いかな。

 

ということで、今日は湿度の違いをご説明いたしますね。

まずは、次の写真をご覧ください。これはローコストや一般住宅で

採用されている住宅の空間とナナハウスが採用している自然素材の

住宅の空間模型です。

 

朝9:00にお湯を各部屋に入れてみました。そして6時間後は・・・

 

 

 

 

こんな感じです。見て下さい、左は結露が凄いですよね。右の自然

素材の無垢床+漆喰壁の空間は結露がかなり少ないですね。

というようにビニール袋の中と紙袋の中という感じでしょうか。

なので、自然素材、漆喰壁が湿度を吸収するので結露は少なくなり

ます。まぁ当然ですよね。結露が多いとカビが発生し繁殖します。

 

皆さん、いかがですか?もし家を建てるならどちらの部屋で生活し

たいですか?もし実際に見てみたい方はお気軽にお声掛けください。

実際にお見せできますよ。

 

 

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!