注文住宅を考えている方へ!太陽光発電について解説します!

注文住宅の購入をお考えの方で、太陽光発電について気になっている方はいませんか。
太陽光発電という言葉はよく耳にしますが、実際にはどんなものか知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅の購入をお考えの方に向けて、太陽光発電について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□太陽光発電とは?

太陽光発電は簡単に言うと、屋根に取り付けたパネルに太陽光を集めて、それを電気に変えることです。
このように太陽の光を電気に変えるにあたって、様々な専用の装置が重要になるでしょう。
例えば、ソーラーパネルやパワーコンディショナー、分電盤などがあります。

手順として、ソーラーパネルで太陽光を集め、それをパワーコンディショナーで交流電流に変換します。
その交流電流を分電盤によって、それぞれ電気を使用する機器へと振り分けます。
また、その電気を貯めておきたい場合には、蓄電池を設置する必要があります。

一般的に太陽光発電を行うための設置費用として、大体100万円から250万円程度かかるでしょう。
このように、太陽光発電を行うためには多くの費用がかかるので、もし補助金があればできるだけ活用したいですよね。

各自治体によって補助金の有無が異なるので、お住まいの地域ではどのような補助金があるのか確認してみましょう。

 

□発電した電気を売れる?

太陽光発電のメリットとして、もし電気を売れれば収入を得られることが挙げられます。
取引価格は下がっていっているものの、国や民間の買取制度を使うことによって、収入を見込めるでしょう。
しかし、売れる電量によって得られる収入は変動することに注意が必要です。

また、その他のメリットとして、電気代の節約になることが挙げられます。
発電した電気で自家用電気をまかなうことで、電気会社の電気を買わずに済むため、電気代の節約につながります。
特に、蓄電池を活用することで、発電した電力をためられるため、より電気代を節約できるでしょう。

さらに、災害時でも電気を使えることは太陽光発電の大きなメリットと言えます。
万が一停電したとしても、日中であれば電気を使用できます。
このように、太陽光発電を取り入れることで、災害時のリスクも軽減できるでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の購入をお考えの方に向けて、太陽光発電について解説しました。
太陽光発電は初期費用が多くかかってしまうため、メリットやデメリットをしっかりと把握した上で導入するか決めることをおすすめします。
注文住宅に関して何かお困りのことがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!