注文住宅を建てることを検討している方へ!ペットのための間取りについて解説します!

注文住宅を検討中で、ペットの生活にも配慮した間取りにしたいとお考えの方はいませんか。
ペットも家族の一員であるため、大切に想う気持ちから快適に過ごせるように工夫したいと考えている方は多いでしょう。
そこで今回は、ペットも快適に過ごせる環境にするには、家づくりを工夫する必要があるということをご紹介します。

 

□ペットのための家づくりとは?

私たち人間にとって住みやすくても、ペットにとっては住みにくく、さらに危険であることもあります。
私たち人間とペットが快適に過ごせる住まいとは、どのようなものなのでしょうか。
ここでは、ペットの近くに転がっている危険と、その危険から守るための対策をご紹介します。

生まれてからすぐのペットに多い事故として、誤食誤飲が挙げられます。
幼いペットには、食べられるものと食べられないものを判断する能力がまだありません。
誤飲・誤食を防ぐために、小物や植物などの食べられないものがある場所にペットが近づけないように間取りに工夫しましょう。

また、コンセントはペットの目線と同じ高さにあることが多く、電気の配線をかじることで感電してしまうことがあります。
コンセントの高さを上げてみたり、電気の配線をかじっても感電しないようにコードの強度を上げたりする工夫を行いましょう。

さらに、落下による骨折にも注意が必要です。
ソファや椅子など高い所から落ちてしまったり、ペットを抱いていると暴れてしまい落ちてしまったりすると骨折などの大きな怪我をしてしまう可能性があります。
このような怪我を防ぐために、床の素材を柔らかいものにすることがおすすめです。

最後に、キッチンでの火傷にも気をつける必要があります。
ペットを火が使える場所から遠ざけたり、キッチンに入れないように工夫したりしましょう。

 

□ペットの安全を確保できる間取りの決め方をご紹介!

ここからは、ペットにとって安全な住まいを作るコツをご紹介します。

ペットの安全を確保できる間取りにするには、ペットの性格を知る必要があるでしょう。
例えば、噛み癖のあるペットを飼っている方は、配線についてしっかりと考える必要があります。
ペットの性格を知っておくと、ペットに降りかかる可能性のある危険を把握して、その危険から遠ざけられるでしょう。

 

□まとめ

今回の記事では、ペットのための家づくりのポイントと、ペットの安全を確保できる間取りにする方法をご紹介しました。
人間にとっては過ごしやすい住まいでも、ペットにとっては危険がいっぱいの住まいにならないように工夫しましょう。
ペットに配慮した家づくりをしたいとお考えの際は、ぜひ当社までご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!