屋上を設けて後悔しないためには?注文住宅をお考えの方は注目!

注文住宅をお考えで、屋上を設けたいとお考えの方はいませんか。
「もしも屋上があればこんなことがしたい」と理想を思い描いている方は少なくないでしょう。
そこで今回は、屋上を設けて失敗しないために、よくある後悔とその対策、屋上の魅力をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□よくある後悔とは?

屋上を設けることで失敗しないために、よくある後悔3つとその解決策をご紹介します。

1つ目は、洗濯物を干す場所として活用したときです。
例えば以下のようなときに後悔することがあるそうです。

・庇(ひさし)がないことで雨が降ると濡れてしまう
・風が強いと洗濯物が遠くまで飛ばされやすい

雨対策には、雨よけカバーを使うと良いでしょう。
また、洗濯物が飛ばされるのを防ぐには、防風対策のハンガーを使ったり、物干し竿には重りを設置したり、竿を固定するようなストッパーをつけたりして対策すると良いでしょう。

2つ目は、レジャースポットとして活用したときです。
レジャースポットとして活用して後悔したのは以下のような理由からです。

・日除けがないため長時間いるのはつらい
・夜は灯りをつけると虫が寄ってくる

これらの解決策として、タープやパラソルを設置したり、虫の寄ってきにくいライトを使ったり、虫除け機能の付いたロウソクを使うと良いでしょう。

3つ目は、隣の土地に屋上のある家が建ったときです。
目線が合ったり、洗濯物が丸見えだったりすると、後悔することもあるでしょう。
そんなときは、先ほど紹介した雨よけカバーやタープを工夫して設置することがおすすめです。

 

□屋上のある住宅の魅力をご紹介!

ここまでで、よくある後悔についてご紹介しましたが、屋上のある家には魅力がたくさん詰まっています。
ここからは、屋上のある住宅の魅力的なポイントをご紹介します。

まず、屋上に登れば柔らかい風を感じながら遠くに広がる景色を楽しめます。
また、解放感のある屋上では、景色を楽しみつつゆったりと食事を楽しんだり、お茶を飲んだり、ペットがのびのびと走り回ったりと、できることが多くあります。

その他にも、洗濯物が乾きやすかったり、快適な屋上農園を作ったりもできます。
このように、工夫次第でさまざまな活用方法があるため、ぜひ検討してみてください。

 

□まとめ

今回の記事では、屋上を設けて後悔しないために、よくある後悔やその解決策をご紹介しました。
建ててから後悔しないためにも、屋上を設ける魅力やよくある後悔をしっかりと把握した上で、家づくりの計画を進めていきましょう。
注文住宅をお考えの際は、最後までサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!