注文住宅の外壁の色選びでお困りの方へ!外壁の色の選び方について解説します!

注文住宅をお考えの方で外壁の色に悩まれている方はいませんか?
家の外壁は家の雰囲気を決める重要な部分です。
この記事では外壁の色を決める際のポイントと失敗しないためのポイントをご紹介するのでぜひご参考にしてください。

 

□合う色はどれか?

外壁の色を考える中で家の周辺の雰囲気に合わせた色にするか自分の好きな色にするか迷われる方も多いでしょう。
実際のデータとしては約80%の方は街の雰囲気に合わせた色にする方が多いというデータがあります。
実際に同じ街で何十年と同じ家に住むことを考えるとシンプルな色で統一するべきだという声も多いです。
このようなデータなどから外壁の色は周りの環境に合わせた色にするべきでしょう。

どうしても外壁の色を派手な色にしたいという方や、自分なりの個性を出したいという方は、一度業者に相談してみましょう。

 

□失敗しない色の選び方

失敗しないポイントは主に3つあります。
まず注意をしなければいけないのが面積効果です。
皆さんはあまり面積効果を知らないという方も多いでしょう。
面積効果とは、大きさによって色の見え方が異なる現象のことです。
小さいサイズのサンプルで見える色より大きいサイズのサンプルで見る色の方が明るく鮮やかに見えます。
そのため、面積効果を考えずに色を選んでしまうと自分が予想していた色とは違う仕上がりになってしまうでしょう。
そうならないためにも大きめのサンプルを用意してもらいその中から色を選ぶことをおすすめします。

次に注意するポイントはドアや屋根との相性です。
つい外壁の色は外観だけに関係すると思いがちですが実はドアや屋根との相性まで考えなければいけません。
ドアは家の入口を飾る重要な部分ですし、屋根も多くの人に見られがちな重要な部分なのでしっかりとドアや屋根との相性も合わせて考えるようにしましょう。

注意するべき3つ目のポイントは見本通りに仕上がらない可能性もあるということです。
車の色を選ぶときもそうですが、場合によっては見本とは違う仕上がりになる可能性もあります。
なぜなら、室内で見ている色は、光の加減によって変化して見えるからです。
そのため、色を確認する際は、一度太陽光の下で確認しておきましょう。
そうすることで、実際の外壁をイメージしやすいはずです。

 

□まとめ

今回は外壁の色の決め方や失敗しないポイントについて紹介しました。
周辺環境にとっても重要な部分なので、慎重に選ぶ必要があります。
当社では住宅の相談などをお客様と一緒に考えておりますのでご気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!