自然素材に興味をお持ちの方へ!自然材を用いた注文住宅について解説します!

自然素材で作られた家に興味を持たれている方はいらっしゃいませんか。
この記事では自然材を用いた注文住宅を検討している方に向けて自然材を使った家のメリットやデメリットなどを詳しくご説明します。
注文住宅に自然材を使おうか考えている方はぜひ参考にしてください。

 

□自然材を使うメリットとデメリット

皆さんは自然材を使った家と聞いてどんな家を想像しますか。
自然素材を使うことで環境に配慮した優しい家のイメージした方も多いでしょう。
そこでまず自然材を使うメリットを2つ説明します。

1つ目は自然材で使った家は和を感じられ、落ち着いたイメージを演出できます。
自然を感じながらゆったりと過ごせる家を魅力的だと感じませんか。
自然を身近で感じられるので、自宅でリラックスできるのもメリットの1つです。
また、自然住宅ではエアコンなどの機械を使わなくても素材が温度や湿度などをある程度調節できることからも環境に優しいエコ住宅とも言われています。

2つ目は建材などの化学物質が引き起こすシックハウス症候群にならないというメリットがあります。
プランを考えるのに時間をかけて建築士と一緒に設計して仕上がった念願の注文住宅でいざ過ごしてみると鼻水が出て頭痛もしたら嫌ですよね。
自然材を使うとシックハウス症候群を防げるのもメリットの1つです。
また自然材を使った家は雰囲気だけでなく素材からも温かみを感じられます。

 

□自然材を使った家のデメリット

次は自然材を使うデメリットを紹介します。
自然材を使うデメリットの1つは施工コストが高いことが挙げられます。
しかし、施工コストは一般的な家と比べると高いですが長期的に見るとどうでしょうか。
初期費用は高くても職人が時間をかけて丁寧に作ったものなので、寿命が長いことから長期的なコストを考えると自然材を使う方がお得になるかもしれません。

2つ目のデメリットはメンテナンスが大変であることが挙げられますが、これは自然材に対する知識の乏しさが不満を感じる原因になっていると考えられます。
自然の素材を使うので定期的なメンテナンスが必要ですが、自然材を使うことを検討されている方は、ある程度素材に対する知識を深めておくべきでしょう。

 

□まとめ

自然材を使うメリットとデメリットは理解していただけたでしょうか。
自然材を使うと環境や人にも優しいだけでなく落ち着いた雰囲気を演出できます。
注文住宅に自然材を使おうと考えている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!