理想の住宅を作るために!家づくりの流れについてご紹介します!

家づくりはどのような流れで進むのかご存じでしょうか。
家づくりの経験のない方は、その流れについてなかなかイメージしにくいものですよね。
そこで今回は、おおまかな家づくりの流れについて説明します。

□家づくりの大まかな流れ

まず、新たに住宅を建てたいとお考えになられたら、どういった住宅が良いのか家族で話し合い、計画を立てましょう。
ここで、自分のこだわりたいポイントと予算の上限をきちんと決めておけば、後の打ち合わせがスムーズに進みます。
また、家族みんなの要望をまとめて、その中で優先順位をつけていくと良いですね。

次に、住宅会社に相談に行きましょう。
ここでは、理想の間取りや、予算の上限などをお話いただければ、住宅のプロがアドバイスいたします。
そのアドバイスを参考にしながら、先ほど立てた計画を細かく見直していきましょう。

住宅や土地、資金などの仮計画が立ったら、最終的な計画を決定していきます。
土地に関しては現地調査も行い、大きさや形状、周辺環境や地域の法律の条件を確認します。
そしてここで同時に、概算見積書を作成いたします。
ここでは、さまざまなことを決定していくため、納得のいかないことや不安なことがあれば、質問するようにしてくださいね。

最終的な計画が決定すれば、お客様に再度ご計画の内容を充分にご確認いただいた上で、建設する住宅に関する詳しい内容を盛り込んだ、契約書をご用意いたします。
ここで契約いただければ、金融機関や市区町村などに申請する手続きを行います。

その後、住宅の仕様を最終決定し、実際に建設作業に取り掛かります。
この際、完成するまでに工事現場に足を運び、仕上がりを確認しておきましょう。

建設作業が終了すれば、精密な検査を行い、問題がなければお客様と再度確認し、引き渡しとなります。
以上が大まかな流れです。

 

 

□打ち合わせの際の注意点

家づくりをするためには、住宅会社との打ち合わせは欠かせないものです。
その際、注意しておきたいポイントがいくつかあります。
まず、注意しておきたいことして挙げられるのは、住宅の完成時期は、施主の希望次第で大きく変わることです。
希望や要望が多ければ多いほど、工事だけでなく、打ち合わせにも時間がかかりますし、設計にも時間がかかります。
そのため、完成時期に目標がある方は、注意しておく必要があるでしょう。

また、住宅会社との打ち合わせの際はご自身でも内容を記録しておくことが重要です。
家づくりには多くのことを考える必要があり、記録をとっていなければ、大切なことを見落としてしまうことがあります。
もちろん、住宅会社も記録はとっていますが、ご自身がどのように理解したのかを把握する際に重要なため、記録はとるようにしましょう。

□まとめ

今回は家づくり流れについてご紹介しました。
家づくりは長期にわたるため、少し大変ですが、困ったことがあればプロに相談するようにしてくださいね。
当社ではお客様に寄り添った家づくりを心がけております。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!