注文住宅の空調設備について詳しくご紹介します!

住宅で快適に過ごすためには、温度管理は欠かせません。
そのために必要なのは空調です。
空調とは、空気調和設備の略称で、冷暖房機や加湿器といった室内の温度や湿度を調整する設備を指す言葉です。
今回は、その空調について詳しくご紹介します。

□空調設備の種類

近年、住宅でよく採用される空調設備としては、全館空調やルームエアコン、床暖房が挙げられます。

全館空調はあまり聞きなじみのないもので、イメージし辛いかもしれません。
イメージとしては、一台の空調機で家中の温度を調整するものです。
全館空調で温度管理した場合、部屋ごとの温度差があまりないため、暑い日や寒い日でも家中が快適ですよ。
特に温度が逃げにくい、気密性の高い住宅であれば全館空調がおすすめです。

次に挙げられるのは、一般的によく知られているルームエアコンです。
ルームエアコンは各部屋の天井付近の壁に取り付ける一般的なタイプと、天井や壁に埋め込むタイプがあります。
近年は温度の変化が激しく、特に夏場は暑い日々が続きますよね。
熱中症対策のためにも、各部屋に1つはルームエアコンを設置することをおすすめします。

そして、冬場に大活躍する床暖房があります。
床暖房には温水式と電気式の二種類があり、温水式は温水を床下のシステムで循環させて床を温めるもので、電気式は床下に設置されたヒーターで床を温めるものです。
ペットや小さいお子様のおられる家庭では、ストーブやファンヒーターを使用する際、少し注意が必要ですよね。
一方、床暖房であればやけどの心配がないため安心です。

□全館空調のメリットとデメリット

ルームエアコンと床暖房は、知名度が高いためご存じの方も多いですが、全館空調はどのようなものなのか意外に知られていません。
全館空調には他の空調とは異なる特徴を持っています。

 

 

まず、全館空調を導入するメリットとしては、屋外に設置する室外機をルームエアコンに比べて少ない数にできることです。
そのため、家の外観がすっきりし、おしゃれな印象を与えられます。

また、家全体の温度を管理しているため、ヒートショックのリスクも軽減されるでしょう。
ヒートショックとは、主に高齢者の方に多く起こるもので、寒暖差によって血圧が急に上がり、心臓や脳に大きな負担をかけてしまう現象のことです。
全館空調では、ルームエアコンとは異なり、家中の温度ムラがなくなるため、ヒートショックのリスクが軽減されます。

 


全館空調であれば、ご高齢の方も安心して過ごせますね。

一方、デメリットとしては費用面が挙げられます。
全館空調では家中の空調を管理するため、ルームエアコンや床暖房に比べて初期費用がかかります。
また、部屋ごとに空調する空調設備に比べて、住宅全体を空調する全館空調はどうしても電気代がかってしまうこともデメリットといえるでしょう。

全館空調を導入される際にはぜひこれらの情報を参考にしてくださいね。

□まとめ

今回は注文住宅の空調設備についてご紹介しました。
家の間取りによってもおすすめの空調は変わってきます。
注文住宅の空調で迷われた際は、ぜひお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!