注文住宅をお考えの方へ!テラスのある住まいをご紹介します!

住宅の間取りについて調べていると、テラスやバルコニーといった言葉を目にします。
これらの違いは分かりにくいため、混同されている方もよくいらっしゃいます。
また、テラスとは一体どのようなものなのかイメージが掴みにくいですよね。
そこで今回は、テラスについて詳しくご紹介します。

□テラスとバルコニーの違い

テラスはラテン語で「土、盛り土」という意味の言葉です。
つまり、テラスとは地面に接した位置にある空間のことを指します。

そして、テラスはバルコニーと同様に屋根がありません。
テラスの具体例としては、リビングと隣接しているウッドデッキがあります。
このように、テラスは屋根のない、一階部分に隣接した空間と覚えておきましょう。

一方、バルコニーとは、建物の外にせり出したスペースのことを指します。
テラスとは異なり建物の二階以上に位置し、手すりがあります。
2階以上にあり、形としては屋根がなく、手すりがあるスペースを指します。

 

 

似たようなものにベランダも存在しますが、ベランダとは異なりバルコニーには屋根が存在しません。
この点はテラスも同じですね。
バルコニーにも屋根のようなものが存在する場合がありますが、特別に屋根を設置していない場合はバルコニーに分類されます。

テラスとバルコニーはよく意味が混同されがちですが、住宅を建てる際はこれらの意味をしっかり理解しておきましょう。

□テラスのメリット

テラスは一階部分の屋根のない空間と先ほどご紹介しましたが、具体的にどのように使用するかのイメージを持ちにくいですよね。
ここではそのメリットについてご紹介します。

まず、テラスを設置すると住宅の床部分が外に拡張したような形になるため、テーブルやイスを設置すればくつろげる空間として活用できます。

また、リビングに隣接したテラスが家にあれば、自宅で簡単にバーベキューできます。
テラスにバーベキューコンロを置けば、キャンプ場に行かなくともバーベキューを楽しめるでしょう。

そして、テラスにはデザインに工夫を凝らしたものが多数存在するため、住宅をおしゃれにすることが可能です。
テラスはガーデニングをする空間としても活用できますし、住宅の景観にこだわる方は、テラスはおすすめです。

□まとめ

今回はテラスのある住まいについてご紹介しました。
テラスがあれば、日々の楽しみが増えるため、お家で過ごす時間がより充実したものになりそうですね。
当社では、お客様のご要望に合わせた住宅作りを心がけております。
テラスにご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!