快適な住宅にするために!注文住宅のトイレの間取りについて解説します!

トイレは家族が必ず毎日使う場所ですよね。
そのため、トイレの快適さは住宅の過ごしやすさに影響を及ぼします。
ただ、トイレの間取りをあまり深く考えずに決めてしまい、失敗してしまったという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、快適なトイレにするための間取りについてご紹介します。

□トイレの間取りの注意点

トイレは日常的に使うものであるため、住宅の中でもなるべく便利な位置に作りたいですよね。
ただ、ここには注意点があります。

トイレは排泄に関係する場所であるため、音やニオイが発生します。
そのため、便利な位置といっても、他の部屋と近すぎると不快な思いをされる可能性があるため注意が必要でしょう。

特にお客様をよく招かれる方であれば、リビングやダイニングの近くにトイレを配置すべきではありません。
来客中、家族が音やニオイを気にして、トイレに行きにくいという問題がありますし、お客様もトイレに行き辛いという問題が発生します。
リビングやダイニングは食事する場所でもありますし、なるべく離れた位置にトイレを作りましょう。

そして、寝室の近くでも音の問題があります。
例えば、トイレに行くとドアの開け閉めの音や排水音が発生しますよね。
これが寝室の近くであると、寝室で寝ていた人を起こしてしまうかもしれません。
トイレは生理的なものなので、頻繁にこのようなことが起こってしまうと、寝ている人が不満を感じてしまう可能性があります。
そうならないためにも、寝室の近くにトイレを配置するのは避けるようにしましょう。

新しいお家のトイレの間取りを検討する際は、上記の場所以外で作ることをおすすめします。

□快適なトイレにするために

また、快適なトイレにするためには、間取りだけでなく内装にも注意が必要でしょう。
例えば、トイレは狭い空間であることが多いため、壁紙や床の色で大きく印象が変わります。
可能な限り広く、美しくみせるためには、暗めの色よりもパステルカラーや白っぽい色など明るい色を選ぶことをおすすめします。

 


そして、鮮やかな色や模様を取り入れたい方は、壁の下半分だけをそれらに変えることで、圧迫感が緩和されます。
壁紙の色を決める際にぜひ参考にしてくださいね。

トイレの床材は、性質上、汚れや水に強い素材を使用する必要があります。
例えば、フローリングのような素材は水にそれほど強くないため、トイレの床材には不向きといえるでしょう。
一方、水や汚れに強いクッションフロアであれば、掃除もしやすいため、汚れやすいトイレには最適です。
そして、床の色も、暗い色よりも薄く明るい色の方が良いでしょう。
明るい色の方が視覚的に広く見えますし、汚れに気付きやすいためすぐに掃除できます。

壁紙や床材といった内装も、トイレを快適に使うためには重要なものなので事前にしっかりと考えておきましょう。

□まとめ

今回は快適なトイレにするための間取りについてご紹介しました。
使いやすいトイレにするためには、部屋との距離を近くするのではなく、あえて離すことも考える必要がありますね。
当社では、お客様にとって使いやすい住宅を、ご一緒にお探しいたします。
注文住宅に関心のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!