在宅ワークが増えた方へ!注文住宅を考える上でのポイントをご紹介します!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で在宅ワークが増加しましたよね。
突然のことで、住宅の環境を整えるのに苦労された方も多いのではないでしょうか。
これからの住宅は住み心地だけでなく、仕事のしやすさも重要になります。
そこで今回は、快適に在宅ワークをするための住宅についてご紹介します。

 

□在宅ワークを快適にするためのポイント

まず、在宅ワークを快適にするためには、生活音があまり届かない部屋を作るのがポイントです。
生活音が届く部屋であると、通話やリモート会議をする際に邪魔になりますし、その他の作業をしている時にも、なかなか集中できません。
そのため、普段から過ごしている時間の多い部屋からなるべく離れた位置に仕事専用のお部屋を作ることをおすすめします。

また、仕事用の机を置く際には、机からの視界を考えておくこともポイントとして挙げられます。
なぜなら、机からの視界は仕事の効率に影響するからです。
基本的に住宅に机を置く際は壁際に設置しますが、オフィスで壁際に机を設置することは少ないでしょう。
壁際に机を設置した場合、違和感を覚える可能性があるため注意が必要です。

また、壁際に机を置かない場合も注意が必要です。
例えば、机から視界に本棚や趣味の物を置いていると気が散ってしまうことがあります。
仕事専用の部屋を作られる場合は、自分がどういった環境で集中できるのかを事前に把握しておきましょう。

□ワークスペースの作り方

住宅の間取りを考えた時、仕事専用の部屋を作るのが難しい方もいらっしゃりますよね。
そんな時は多目的スペースを仕事部屋として使用する方法があります。
来客時の応接室や収納としてなど、多目的に使うことができる部屋を作っておけば、仕事部屋として活用できます。
在宅ワークを今後も続けるか分からない、仕事専用の部屋を作るスペースがないという方にはおすすめの方法ですね。

また、リビングにカウンタースペースを設けて、そこを仕事場とする方法もあります。
リビングには家族が出入りするため、生活音は避けられないですが、仕事中でも家族の様子が確認できるのはメリットですよね。
また、仕事だけでなく、お子様の勉強スペースとして使用したり、何か作業をしたりする際にも使用できるため、リビングにカウンタースペースがあると便利です。
仕事専用の部屋がある方にも、一時的なワークスペースとしておすすめですので、ぜひ検討してみてください。

□まとめ

今回は在宅ワークをするための住宅についてご紹介しました。
これからの時代は在宅ワークが増加していくと予想されるため、仕事のしやすさもしっかり検討していきましょう。
当社ではお客様のライフスタイルに合わせた住宅づくりを心がけております。
仕事のしやすい住宅に関心のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

   

  

『#ナナハウス』を
つけてInstagram、Facebookに投稿。
皆様からのいいね!フォローをお待ちしております!